性病検査・HIV検査(エイズ)・感染症を郵送で手軽に検査。送料・代引き手数料無料。即日発送。匿名での検査も可能

GMEスタッフブログ

GMEスタッフブログ
2015/11/25
エイズに朗報 (吉田)

 

毎年12月1日は世界エイズデーです。

 

先日、チャーリー・シーンさんが、HIV感染を告白したことで

世界的ニュースとなりました。

 

個人的に、外国人の俳優スターの顔と名前の区別できないので(笑)、

どの人なのかピンとこなかったのですが、職業柄ニュースが目に飛び込んできました 😯

 

この方、

肉体関係が5,000人とあるとか、

男性との性交渉があったとか、

HIV感染と診断後にも、コンドーム無しで性交渉をしたとか、、、

いろいろとゴシップニュースが流れていて、本当の話かどうかもわかりませんが、

いずれにせよ自分の身は自分で守るしかないということですね。

 

 

HIV感染のあまりよくないニュースの後に、朗報が!!

 

 

ヒトの体内にHIVの感染力を大幅に低下させる

働きをもつたんぱく質があることを国立感染研究所のチームが発見したそうです。

 

 

ちょっと(?)前のドラマ、「JIN -仁-」でも有名になった『ペニシリン』。

江戸時代、不治の病とされていた梅毒もペニシリンの発見で、現在では治る病となりました。

医療の進歩と、それを発見する人々、本当にすごいですね。

尊敬します。

 

 

HIVも、感染者数は増加する一方、エイズ患者の死者数は、数年前に比べて

減少傾向にあるとの発表がありました。

エイズも近いうちには、『治る病』になるのでしょうか。

 

いや、治る病になってもらわないと。。

トップに戻る
ブログタイトル一覧に戻る
お問合せ窓口
0120-219-912
027-310-7000
サイトからのお見積もり・お問合せ
お問合せはこちらから