性病検査・HIV検査(エイズ)・感染症を郵送で手軽に検査。送料・代引き手数料無料。即日発送。匿名での検査も可能

GMEスタッフブログ

GMEスタッフブログ
2017/09/27
健康の秋 (若林)

先日、毎年1回行われる健康診断を受けてきました。個人的には糖尿病予防のため血糖値には注意を払っているのですが、それにはやはり普段の食生活がカギを握っているようです。普段の糖質(炭水化物)の摂取の仕方に血糖値は一番影響を受けるためです。
テレビなどで糖質制限が血糖値の高い人に効果的であるとする内容がある一方、糖質を制限するとかえって糖尿病のリスクが増すという意見もあります。一体、どちらが正解なのでしょうか。個人的にはこの答えは、制限する程度にあるように思えます。糖質の過剰摂取であった状況から何割か減らして、適度に制限するのであればとても効果的であると思いますが、極端な摂取ゼロの制限を長期にわたり行ったとすると、食事から一切の糖の供給が絶たれるため、体は非常事態であると認識し、血糖値がこれ以上低くなることを防ごうとして血糖値が下がりにくくなる体質になる可能性も否定できないかもしれません。
 そもそも食事だけで血糖値を改善するという考え方ではなく、ウォーキングやサイクリングなどの運動も適度に取り入れるとさらに効果的といえます。ちょうど季節も秋となり外出しやすい気候になりましたので、休日などに運動を兼ねて出かけてみるのもいいですね。

トップに戻る
ブログタイトル一覧に戻る
お問合せ窓口
0120-219-912
027-310-7000
サイトからのお見積もり・お問合せ
お問合せはこちらから