性病検査・HIV検査(エイズ)・感染症を郵送で手軽に検査。送料・代引き手数料無料。即日発送。匿名での検査も可能

GMEスタッフブログ

GMEスタッフブログ
2016/12/09
副腎疲労症候群と2016年最後の目標(馬場)

ちゃんと休息をとっているつもりなのに、疲れがとれない…
そんなお悩みを抱えている方、意外と多いのではないでしょうか。

副腎疲労症候群(Adrenal Fatigue=副腎が疲れた状態)は1990年代に、
米国の医師によって提唱された、医学界でも比較的新しい概念です。

とにかく疲れやすい,休息をとっても疲労がとれにくい,朝起きにくくなった,
落ち込みやすくなった,イライラする,アレルギー症状の悪化,甘い物や塩辛い物が食べたくなる…
上記の症状に長期間原因不明で悩まされている方、もしかしたら副腎疲労症候群かもしれません!
※鬱と似ているため、鬱と診断されながらも一向に快方しない方も要注意です。

副腎はストレスに対抗するホルモンを分泌する臓器なのですが、極度のストレスを
一定期間感じ続けていると、副腎機能がオーバーヒートを起こし機能低下に至ります。
副腎が機能低下を起こすと、ストレスを処理できなくなるばかりか、人間に本来必要なホルモンを
生成できなくなるため、心身ともに不調が起こり、上記で列挙したような症状が出てきます。

では、副腎疲労症候群の改善、副腎機能を低下させないためにはどうするか…
今では専用のサプリメント等が発売されたり、専門科も増えてきているようですが、
とにもかくにも生活習慣の見直しと改善、そして何より【楽しいと思える、夢中になれること】を
目一杯やることが、特効薬であり予防薬なのです。※公私共にお世話になっているDr.Iの受け売りです。

自分の心身と向き合い、あまり頑張り過ぎず、時には怠惰に、そして好きなことを
一生懸命やりましょう。今年も残り僅かとなって参りましたが、2016年最後の
目標として【楽しいと思える、夢中になれること】を見つけられるように頑張ります…(笑)

2016年、弊社をご利用いただいたお客様、関係者の皆様、ご高配を賜り厚く御礼を申し上げます。
2017年も株式会社GME/GME医学検査研究所をよろしくお願い申し上げます。
少し早いですが、どうぞよいお年をお迎えください。

馬場

トップに戻る
ブログタイトル一覧に戻る
お問合せ窓口
0120-219-912
027-310-7000
サイトからのお見積もり・お問合せ
お問合せはこちらから