性病検査・HIV検査(エイズ)・感染症を郵送で手軽に検査。送料・代引き手数料無料。即日発送。匿名での検査も可能

GMEスタッフブログ

GMEスタッフブログ
2017/10/12
市民公開講座(中澤)

9月はがん征圧月間というのをご存知でしょうか。10月は乳がん月間で、ピンクリボンは有名ですよね。

10月9日、市民公開講座を受けてきました。連休最終日のお出かけ日和にも関わらず、多くの方が受講されていました。

テーマは『今 増えているがんと減っているがん なぜ?』でした。

減っているがんは、子宮頸がんと胃がん、肝臓がんということですが、現状減っているわけではないようです。

子宮頸がんは、子宮の入り口にできるので、検診時に発見しやすい、HPVは感染してもほとんど排除されるので、定期的に検診を行うことにより早期に発見でき、前がん状態での治療が可能です。

胃がんは、主な原因であるヘリコバクターピロリ菌に新たに感染する機会は少ない、またヘリコバクターピロリ菌の有無を検査し、除菌することで、胃がんのリスクはかなり低くなります。

C型肝炎ウイルスは、新薬の発売により、インターフェロン療法より副作用も少なく、飲み薬だけでウイルスをほぼ100%排除できるようになりました。まずは肝炎ウイルスを検査することが大切だと思います。

増えているがんとしては、乳がん、子宮体がん、肺がん、すい臓がん、大腸がん、前立腺がんです。

高齢化により、がんの罹患率は増え、二人に一人はがんになると言われています。

医療の進歩とともに、早期発見、早期治療を行うことで、死亡率はかなり低くなり、がんの種類にもよりますが早期であれば9割完治するそうです。

また、禁煙、適度な飲酒、食生活の見直しや適度な運動をすることで、がんを予防することができます。

この機会に食生活などを見直し、毎年健康診断を受けていこうと思います。

トップに戻る
ブログタイトル一覧に戻る
お問合せ窓口
0120-219-912
027-310-7000
サイトからのお見積もり・お問合せ
お問合せはこちらから