性病検査・HIV検査(エイズ)・感染症を郵送で手軽に検査。送料・代引き手数料無料。即日発送。匿名での検査も可能

【お知らせ】
●弊社宛のメール受信は復旧致しました。23日~26日にお問合せ頂き、まだ返信がない方はお手数ですがお電話にてご連絡くださいませ。

GMEスタッフブログ

GMEスタッフブログ
2017/04/10
梅毒は過去の病気⁈(大廣)

「梅毒」と聞くと、どんなことをイメージしますか?
数年前にはテレビドラマで梅毒を取り上げている場面がありましたし、昔流行していた「過去の病気」なんてイメージを持っていらっしゃる方が多いのではないでしょうか。

実際に数年前までは梅毒患者の保健所への届け出数は、ほぼ横ばいで推移していました。

横ばいで推移していた梅毒ですが、近年では増加傾向にあり、2013年に1226件、2014年に1671件、2015年に2697件、2016年に4559件と増えています。2017年は3月26日時点で1013件で前年の同時期と比べ200件余り上回っています。年間4000件を超えたのは42年ぶりの出来事で、このことから梅毒が「現在流行している病気」だということがお分かりになるかと思います。

流行の原因はまだはっきりとは分かっていませんが、流行の傾向としては、女性では20代、男性では20代から40代に多く見られ、東京・神奈川・大阪といった都市部を中心に流行しているようです。

幸い梅毒はお薬をきちんと飲めば治る病気ですので、早期発見・早期治療が非常に大切になってきます。
痛みのないシコリや潰瘍病変など梅毒を疑う症状が見られた場合には、すぐに医療機関を受診するようにしましょう。
また、感染の不安がある方も、医療機関で検査を受けることができますが、弊社のような郵送検査(ご自身で検体を採取して、検体を検査所に送付し検査してもらう)を利用する手段もあります。
郵送検査は、「普段は仕事をしていて病院へ行く時間がなかなかとれない」、「誰にも会わずに検査だけはやってみたい」といった方にオススメです。
弊社GMEがそのような方の不安を取り除く手助けができれば幸いです。

トップに戻る
ブログタイトル一覧に戻る
お問合せ窓口
0120-219-912
0120-219-912
サイトからのお見積もり・お問合せ
お問合せはこちらから