性病検査・HIV検査(エイズ)・感染症を郵送で手軽に検査。送料・代引き手数料無料。即日発送。匿名での検査も可能

GME公式ブログ

GME公式ブログ
2016/08/19
旬な野菜で夏バテ予防 (小金澤)

みなさんこんにちは。30度越えの日が続いていますね。
暑い日が続き夏バテかな…と言う症状の方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回、疲労回復や夏バテ防止にオススメな夏野菜をご紹介したいとおもいます。

 夏野菜の代表といえば、トマトですよね。酸味もあってさっぱりしているので、夏バテの時でも食べやすい野菜の1つです。
トマトで1番注目したい成分がリコピンです。
抗酸化作用があり、免疫力を高め紫外線による肌ダメージの改善やガン予防にもなります。その他、美容効果や日焼け予防となるビタミンC・Eを含み、ビタミンAで胃粘膜を保護し、クエン酸の働きで消化液の分泌を促進し消化を助けてくれます。また、カリウム・ミネラルも多く体内の水分調節を行うことのできる野菜です。

 続いての夏野菜は、なすです
90%以上が水分なので、体を冷やし、のぼせを防ぐため、夏バテ防止によいといわれています。決して多くはありませんが、カルシウム・鉄・カリウムのほか食物繊維を含み栄養素もあります。そしてナスの皮に含まれるナスニンというプリフェノールが、疲れ目、視力回復に聞くと言われているそうです。近年多くの人が、デスクワークやスマホの使用でブルーライトを浴びるので目が疲れやすくなっています。そんな疲れ目を内側からケアできる効果があります。

 最後に枝豆です
枝豆は、豆と野菜の両方の栄養的特徴を持った緑黄色野菜で、非常に多くの栄養があります!ビタミン類やミネラル類、イソロイシンやチロシンといったアミノ酸、食物繊維などの栄養成分がぎっしり詰まっています。
疲労回復作用が高いとされるオルニチンが新陳代謝の活性を促し、疲労の蓄積を防ぎ軽減してくれる作用があります。さらにビタミンA・C・B1・B2などのビタミン類と鉄やカリウムなどのミネラル類も豊富に含んでいる為、体内で糖質、脂質、タンパク質などを分解してエネルギーに変えてくれる効果があります。

 夏バテ気味の方は回復を目指し、元気な方は予防の為に
旬な夏野菜から栄養バランスの良い食事を心がけ、夏を乗り切って下さい。

トップに戻る
ブログタイトル一覧に戻る
お問合せ窓口
0120-219-912
0120-219-912
サイトからのお見積もり・お問合せ
お問合せはこちらから