梅毒の感染経路と梅毒トレポネーマの感染率に関しての解説

梅毒

梅毒について感染経路や症状、治療方法などを解説。

梅毒とは

梅毒とはTP(トレポネーマ パリダム)という病原体(スピロヘータ)の感染により、全身に障害を及ぼす感染症です。

症状の無い潜伏期と、症状が現れる顕症期が交互にやってきて、症状は現れるごとに深刻化してきます。

戦前は多数の梅毒感染者がいましたが、戦後はペニシリンの登場によって梅毒感染者は減少しはじめ、現在、梅毒の感染者は激減しています。梅毒は数十年かけて大変悲惨な症状に進行しますので、早期発見と早期治療が必要な性病です。

戦後直後、昭和20年性病は爆発的に流行しました。しかしペニシリンなどの抗生物質によって、梅毒は急速に減少し、昭和30年代は新しい梅毒の感染はなくなり、潜伏梅毒が残存するのみとなりました。

ところが、昭和40年を中心に、北九州・神戸などの港町が発端となって戦後第2回目の梅毒の流行が日本全国でみられました。そして第3回目の梅毒流行は昭和60年に始まりました。

梅毒の原因

梅毒トレポネーマの感染経路は限られていますから、梅毒感染は予防することができます。

HIV同様に梅毒は血液・精液・膣分泌液によって感染するので、日常生活では性行為以外では梅毒に感染する確率は低いでしょう。
性行為におけるコンドームの正しい使用は、梅毒や他の性病予防にとって有効な手段です。


性的接触〔性的接触〕
梅毒感染者との無防備なセックスは梅毒に感染する可能性があります。

・コンドームを使わない性交
・オーラルセックス
・性器具の共用


血液感染〔血液感染〕
梅毒感染者の血液が傷口や粘膜に触れたり、体内に入れると梅毒に感染する可能性があります。

・梅毒の感染者からの血液・臓器の提供
・注射針の共用(麻薬の回し打ちなど)


母子感染〔母子感染〕 
梅毒に感染した母親の妊娠・出産時・授乳によって子供に梅毒が感染します。

・子供を望む場合は医師に相談しましょう。
・エイズウイルスの母子感染率を軽減させる方法があります。


〔梅毒トレポネーマの感染経路〕
梅毒(トレポネーマ・パリダム)とは、日本でも古くからある性感染症の一つで、粘膜疹や皮疹を主な症状とし、淋菌感染症と並び高い感染伝達率(およそ30%)を特徴としています。
2010年より、梅毒(トレポネーマ・パリダム)の患者報告数は、毎年増加しており、2013年には患者数が1,000人を超え、2015年には2,000人を突破しました。

梅毒の症状

〔梅毒の初期症状について〕
梅毒に感染した場合、病期は早期梅毒(第1期梅毒・第2期梅毒)と、晩期梅毒(第3期梅毒・第4期梅毒)に分けられます。
梅毒の初期症状として第1期梅毒では侵入部位である感染局所に5㎜から2cm程度のしこり(初期硬結)ができます。
第1期では、そのまま梅毒感染を放置していても2~3週間ほどで一旦症状が消え、約3か月後に第2期の症状が現れます。



第1期
(3週~3ヶ月)
梅毒感染後、約3週間で、性器、肛門、口など感染した部分に、小豆大~エンドウ豆大の痛みの無い赤いシコリが出来ます。
これは潜在化し、4~6週間で自然に軽快します。
女性ではこの症状に気付かない場合がほとんどです。

治療しない限り、第2期に突入

第2期
(3ヶ月~3年)
全身の皮膚に、赤い斑点がまばらに現れ、丘疹(皮膚から盛り上がったぶつぶつ)や後頭部に脱毛がみられます。 かゆみや痛みがなく、放っておくと症状はまた自然に2~6週間で消えてしまいます。

第2期が終わる頃より数週間から数年間にわたる無症状の潜伏期に入るので、皆さん安心してしまいます。
この時期は血液検査のみが梅毒を発見できる方法となります。

第3期
(3年~10年)
皮膚や内臓にゴム腫(固いしこりやこぶができ、周辺の組織を破壊し、治ると痕が残る)と呼ばれる病変が起こります。 関節炎や手足の感覚の喪失が起こる場合もあり、心臓、血管、脳などに障害が出て、日常生活が営めなくなります。

第4期
(10年~)
脳や心臓に病変ができることがあります。

梅毒の治療

梅毒トレポネーマは抗生物質に大変弱いため、梅毒に感染してから1~2ヶ月なら全快します。しかし、治療が遅れるほど全身に病魔が広がりますので、治癒しにくくなります。梅毒の感染を早く発見して適切な治療をしましょう。


梅毒治療の基本はペニシリンの内服です。投与期間は
 ・第1期梅毒で2~4週間
 ・第2期梅毒で4~8週間
 ・第3期梅毒以降は8~12週間
を目安として内服することが一般的です。

梅毒の治療には内服療法と注射療法がありますが、治療効果にほとんど差がないため、現在では内服治療が主となっています。

梅毒の検査

梅毒とはTP(Treponema pallidum:トレポネーマ パリダム)という病原体(スピロヘータ)の感染により、全身の臓器や組織が冒される感染症です。

梅毒を診断するには、病原体を検出する検査のほかに、血清中の病原体に対して産生される抗体(※1)を調べる免疫血清検査があり、一般には後者の抗体検査が用いられています。

① TPの感染によって産生される抗体は、まず脂質抗原に対する自己抗体が4~6週以降に血中に出現します。
これを調べるのが、STS法です。

② ①に遅れて梅毒に感染して約3ヵ月後にTPに特異的に反応する免疫抗体が認められるようになります。
それを調べるのが、TPHA法です。

① STS法には、ガラス板法・凝集法・RPRカード法などがあります。
STSは、TP抗体を検出する方法に比べて早い時期に陽性となるため早期診断に適しています。また、治療効果の判定にも適しています。
しかし、生物学的偽陽性反応(※2)を示し、梅毒以外の病気や高齢者で陽性となることがしばしば認められます。

② TPHA法には、梅毒の確定診断にはTPを抗原(※3)としたTPHA法(梅毒血球凝集反応)とFTA-ABS法(梅毒蛍光抗体吸収法)が用いられます。
とくにTPHAは手技が容易で、梅毒の血清診断法として最も有用とされています。
しかし、感染後3ヵ月以降でないと検査が正確に判定できません。しかも一度陽性となると治療と経過にかかわらず陽性が持続するため治療効果や治癒の判定には使用できません。

このように、両者には良い点と欠点があり、一般的には非特異的なSTS法と特異的なTP抗原を使用する血清反応(主にTPHA)とを組み合わせて実施しています。
日常的には、STS法とTPHA法の両者の結果によって、判断されています。


■梅毒検査の判断の方法



STS法 TPHA法 判  断
陰性 陰性 梅毒ではない(もしくは、ごく初期の梅毒)
陰性 陽性 梅毒治療後の抗体保有者、非常に古い梅毒、地帯現象、歯槽膿漏、
伝染性単核球症などのTPHA法の擬陽性
陽性 陰性 初期梅毒、生物学的擬陽性反応
陽性 陽性 梅毒(早期から晩期、再感染)、梅毒治療後の抗体保有者、その他のスピロヘータ感染症

※1抗体・※3抗原・・・病原体などの異物(抗原という)が体内に侵入してきたときに、これを撃退するために免疫系でつくられる物質のことを抗体という


※2生物学的疑陽性反応・・・梅毒以外の病気で、陽性反応が出てしまう事。



梅毒検査を含む、おすすめ検査セット 検査キット一覧

image

男女共通

梅 毒

梅毒検査を単項目で検査されたい方へ。

スタンダード 4,420円 (税込)

ローコスト  3,130円 (税込)

image

男女共通

血液2種検査セット

梅毒とHIV抗体検査を数滴の採血量で。

スタンダード 6,170円 (税込)

ローコスト  5,190円 (税込)

image

男女共通

血液4種検査セット

梅毒とHIV・B型肝炎・C型肝炎の血液検査4項目を一度で。

スタンダード 8,220円 (税込)

ローコスト  7,250円 (税込)

image

男性用

性病検査6項目

梅毒とHIV、性器の感染症を含めた6項目の検査セット。女性用はこちら。

スタンダード 10,590円 (税込)

ローコスト  9,300円 (税込)

トップに戻る
子宮頸がん・HPVしっかりセルフチェック
「おはよう日本」等のメディアにGMEが取材されました 社会貢献エイズ孤児支援 採取方法を動画で説明 エイズ予防財団サイトはこちら 全国協力医療機関のご案内 検査精度について
選べる便利なお支払方法
お問合せ窓口
0120-219-912
027-310-7000
サイトからのお見積もり・お問合せ
お問合せはこちらから
郵便局留め・ヤマト運輸センター
止置きについて
お届けする商品の荷姿 キャンセル・返品について 検査結果の確認について
「おはよう日本」等のメディアにGMEが取材されました
採取方法を動画で説明
全国協力医療機関のご案内

個人情報の保護について

お申込時に検査キット送付先を郵便局留めやヤマト運輸センター止めにすることで、 お名前以外の個人情報を記載する必要がありません。
また検査結果をインターネットで確認することで、検査申込用紙に個人情報を一切記載しなくても問題ありません。
(ただし、検査申込用紙に必ずパスワードをご記入いただき控えを保管してください)


全力で個人情報の保護に取り組んでいます。
お知らせいただいた個人情報は、お客様に許可をいただかない限り、外部に開示することは一切ございません。