クラミジアについて感染経路や症状、治療方法や検査方法などを詳しく解説します。

性器クラミジア

性器クラミジアについて感染経路や症状、治療方法などを解説。

クラミジアとは

クラミジア・トラコマチスという微生物で、性感染症の中で最も感染者の多いものです。

クラミジアは主に生殖器や咽頭などに感染しますが、眼に感染することもあります。

クラミジアが性器に感染しても、症状があまり出ないので、感染に気づきにくく感染が放置されやすいです。
そのため無症候感染者を発見することがクラミジアの蔓延をくい止める最善の方法と言われています。

クラミジアの原因

主に精液・膣分泌物との接触によって感染しますので、性行為以外の日常生活で感染する確率は低いです。
性交時におけるコンドームの使用は、クラミジアの感染予防に有効な手段です。


性的接触〔性的接触〕
クラミジア感染者との無防備なセックスはクラミジアの感染の可能性があります。
 ・コンドームを使わない性交
 ・オーラルセックス
 ・性器具の共用
 

母子感染〔産道感染〕
子宮頸管にクラミジアが感染していると、分娩時にその部分を通ってくる胎児にクラミジアが感染します。
その結果、出生後に結膜炎や肺炎を起こします。妊娠中にクラミジア感染がわかった場合には、適切な薬剤にて治療を行います。
きちんと治療をすれば母子感染を防ぐことができます。

クラミジアの症状

クラミジア感染後はほとんどの場合、男女に関係なく無症状で進行します。

【女性の場合のクラミジア】
 ・おりものの増加
 ・不正出血
 ・下腹部痛
 ・性交時の痛み

一般的に感染後1~3週間で発症しますが、約80%の人は無症状ないし症状に気づきません。
上行性感染が起こると子宮付属器炎や骨盤内炎症性疾患(PID)、肝周囲炎を発症するようになります。


【男性の場合のクラミジア】
 ・排尿時の尿道の違和感(痒み・痛み)
 ・尿道から膿が出る
 ・精巣上体炎(片側の陰嚢の腫れや痛み、発熱など)を起こすことがある

一般的に感染後1~3週間で発症しますが、症状が自覚されない場合が多くあります。

クラミジアの治療

クラミジア感染症の治療には、抗生剤を服用します。

抗生剤の種類によって、1週間服用するものもあれば、1回だけの服用で治療ができるものもあります。
1週間服用するものは、飲み忘れや、自己判断による服薬の中断等が起きるリスクがあります。
中途半端な治療を回避する為にも、1回だけの服用で治療ができるタイプのお薬は有用です。

【治癒の判定】
治癒の判定には、治療開始後2~3週間後に核酸増幅法で病原体が検出されないことを確認してください。

性器クラミジア検査が公費負担となりました

厚生労働省は、2011年4月1日より、妊婦健康診査において性器クラミジア検査が公費負担となりました。
検査実施時期については、妊娠30週頃までに1回実施することを紹介しています。


※陽性判定後の、クラミジアの治療は保険診療となります。
 詳しくは、各自治体窓口にてご確認ください。


クラミジアの検査

クラミジアの検査には、大きく分けて2つの検査があります。
1つはクラミジアそのものを検出する抗原検査、もう1つはクラミジアに感染したことによってできる抗体を検出する検査です。

検査法 検査原理 特 色
EIA法
(クラミジア抗体検査)
血液中のクラミジアIgA抗体とIgG抗体を抗原抗体反応によって検出し、クラミジア感染の有無を判定する。 血液中のクラミジアに対する抗体の有無をみる。抗原検査でクラミジアを検出できない場合(骨盤内感染など)の感染の有無の判定などには有用であるが、感染部位が特定できないことや、過去の感染でも陽性となることが短所として挙げられる。
核酸増幅法
(遺伝子検査)
リアルタイムPCR法、SDA法、TMA法などで、検体中のクラミジアが有する、遺伝子(DNAやRNA)を増幅させて、クラミジアを検出する。 SDA法やTMA法は、淋菌との同時検査が可能である。遺伝子を増幅させて検出するため、DNAプローブ法などの遺伝子検査よりも感度が高いが、遺伝子増幅阻害物質の存在で偽陰性になることがあり、また、クラミジアの生死にかかわらず検出してしまうため、治療後の判定には期間を置くなど注意が必要である。

 ※当所では、リアルタイムPCR法 で検査を行っております。



クラミジア検査を含む、おすすめ検査セット 検査キット一覧

image

男性用

クラミジア検査

男性用のクラミジア検査だけを検査されたい方へ。

スタンダード 4,420円 (税込)

ローコスト  3,450円 (税込)

image

女性用

クラミジア検査

女性用のクラミジア検査だけを検査されたい方へ。

スタンダード 4,420円 (税込)

ローコスト  3,450円 (税込)

image

男女共通

のどクラミジア検査

性器にクラミジア感染が認められた場合、のどへも感染していることがあります。

スタンダード 4,420円 (税込)

ローコスト  3,440円 (税込)

image

ペアセット

性病検査 2項目+のど2項目
男女ペアセット

パートナーと同時に治療を行わないと互いに感染を繰り返してしまうため、パートナーと検査されることをおすすめします。

スタンダード 20,350円 (税込)

ローコスト  18,590円 (税込)

トップに戻る
子宮頸がん・HPVしっかりセルフチェック
選べる便利なお支払方法
お問合せ窓口
0120-219-912
027-310-7000
サイトからのお見積もり・お問合せ
お問合せはこちらから
郵便局留め・ヤマト運輸センター
止置きについて
お届けする商品の荷姿 キャンセル・返品について 検査結果の確認について
「おはよう日本」等のメディアにGMEが取材されました
採取方法を動画で説明
全国協力医療機関のご案内

個人情報の保護について

お申込時に検査キット送付先を郵便局留めやヤマト運輸センター止めにすることで、 お名前以外の個人情報を記載する必要がありません。
また検査結果をインターネットで確認することで、検査申込用紙に個人情報を一切記載しなくても問題ありません。
(ただし、検査申込用紙に必ずパスワードをご記入いただき控えを保管してください)


全力で個人情報の保護に取り組んでいます。
お知らせいただいた個人情報は、お客様に許可をいただかない限り、外部に開示することは一切ございません。