エイズ(HIV感染症)について感染経路や症状、検査方法などを詳しく解説します。

エイズ「後天性免疫不全症候群」

エイズについて感染経路や症状、治療方法などを解説。

HIVとは

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染することで、体の抵抗力が弱まり、さまざまな感染症(日和見感染症)を発症します

エイズは正式にはAIDS「後天性免疫不全症候群」といい、HIV「ヒト免疫不全ウイルス=通称エイズウイルス」の感染によって引き起こされる感染症です。

HIV(エイズウイルス)は治療をしなければ増殖を続け、免疫機能の中心的な役割を担っているリンパ球(白血球の一種)を次々に破壊します。 その結果、免疫不全に陥り、様々な感染症や悪性腫瘍などを引き起こします。
これがエイズです。

 【こういうことではHIVには感染しません】

  • ・汗、涙、だ液、咳、くしゃみからの感染
  • ・電車のつり革・階段の手すりから感染
  • ・食器類共用での感染
  • ・風呂、洗面台、便座の共用での感染
  • ・蚊からの感染

エイズの原因

HIV(エイズウイルス)は感染力が弱く、感染経路も限られていますから、エイズ感染を予防することはできます。
主として血液・精液・膣分泌液によって感染するので、日常生活では性行為以外では感染する確率は低いでしょう。
性行為におけるコンドームの正しい使用は、エイズや他の性病予防にとって有効な手段です。


性的接触〔性的接触〕
HIV(エイズウイルス)感染者との無防備なセックスはエイズ感染の可能性があります。

・コンドームを使わない性交
・オーラルセックス
・性器具の共用


血液感染〔血液感染〕
HIV(エイズウイルス)感染者の血液が傷口や粘膜に触れたり、体内に入るとエイズウイルス感染の可能性があります。

・エイズウイルス感染者からの血液・臓器の提供
・注射針の共用(麻薬の回し打ちなど)


母子感染〔母子感染〕 
HIV(エイズウイルス)に感染した母親の妊娠・出産時・授乳によって子供にエイズウイルスが感染することがあります。

・子供を望む場合は医師に相談しましょう。
・エイズウイルスの母子感染率を軽減させる方法があります。


エイズの症状

エイズウイルス感染後はほとんどの場合、無症状です。

発熱、のどの痛み、リンパ節の腫れなどが現れる場合もありますが、2週間ほどで消えていまいます。

免疫力が低下し始め、発熱、下痢、極度の倦怠感、体重減少などが現れエイズの発症となります。

エイズがさらに進行すると、カリニ肺炎、口腔カンジダ症など、さまざまな感染症やカポジ肉腫、悪性リンパ腫などの悪性腫瘍が起こり、エイズ発症後2~3年で死に至ることとなります。

エイズの検査

■保険所におるHIV検査の現況
保険所での検査は、匿名でできたり、無料で検査することができます。しかし、土日検査、夜間検査を行っている所は少なく、不便を感じる方も多いでしょう。
保健所は営利企業と違い、土日・夜間などの対応には、人員を増やしたりするのに、税金を使う必要があり、なかなか導入されにくい現状です。

最近では、スクリーニング検査に、10分でできる迅速検査などを取り入れている保健所もあります。
しかし、疑陽性が従来のスクリーニング法にくらべ、5倍もの疑陽性が出てしまうようです。その他にも、問題点が多少あり、多くの保健所では、対応を見送っているようです。 実際には、検査が予約制だったり、結果がでるまでに、1~2週間要することがあるようです。


■HIV検査の方法
スクリーニング検査と確認検査の2段階以上を経て、HIV感染の判断をします。
スクリーニング検査とは、多くの人の中から、疑わしい人を拾い出す検査のことをいいます。スクリーニング検査では、HIV感染を確定することはできません。


スクリーニング検査
PA法 多くの病院や保健所で実施。ニセの陽性が1000人に2~3人でる。判定時間は2時間。目視なので、微妙な判定には、検査技師の技量が問われる。
感染してから6~12週間以降検査可能
EIA法 多くの病院や保健所で実施。ニセの陽性がPA法より多くでるようです。判定時間は30分。機械での測定なので、数値がでるため、判定が容易。
感染してから6~12週間以降検査可能
クロマト法 一部の保健所で採用している。
10分ほどで判定できる。疑陽性(にせの陽性)が、100人に1人くらいでる。目視なので、微妙な判定には検査技師の技量が問われる。
感染してから6~12週間以降検査可能

PCR・NAT
検査
検査の感度が非常に良い。検査が複雑で限られた施設のみで行っている。にせの陽性がでる。
11日前後

確認検査
WB法 陽性と疑陽性(にせの陽性)を確認。極めて限られた施設のみで検査している。スクリーニング検査で、陽性・疑陽性となった場合に、確認検査を行う。
3ヶ月以降検査可能

HIV/エイズ抗体検査を含む、おすすめ検査セット 検査キット一覧

image

男女共通

エイズ・HIV抗体検査

結果は最短翌日。陽性の場合には、WB法で再検査を行い確実性の高い結果をお出しします。

スタンダード 4,730円 (税込)

ローコスト  3,440円 (税込)

image

男女共通

血液2種検査セット

HIVと梅毒の血液検査を同時に受けて頂けます。

スタンダード 6,170円 (税込)

ローコスト  5,190円 (税込)

image

男女共通

血液4種検査セット

すぐに検査が行われる性器やのど検査とは別に、感染が疑われる日から3ヵ月以上経過後に検査を行うなどの利用方法も。

スタンダード 8,220円 (税込)

ローコスト  7,250円 (税込)

image

女性用

性病検査6項目+のど2項目

エイズ・HIV検査を含む代表的な性病項目を一度に検査。

スタンダード 14,910円 (税込)

ローコスト  13,620円 (税込)

トップに戻る
子宮頸がん・HPVしっかりセルフチェック
「おはよう日本」等のメディアにGMEが取材されました 社会貢献エイズ孤児支援 採取方法を動画で説明 エイズ予防財団サイトはこちら 全国協力医療機関のご案内 検査精度について
選べる便利なお支払方法
お問合せ窓口
0120-219-912
027-310-7000
サイトからのお見積もり・お問合せ
お問合せはこちらから
郵便局留め・ヤマト運輸センター
止置きについて
お届けする商品の荷姿 キャンセル・返品について 検査結果の確認について
「おはよう日本」等のメディアにGMEが取材されました
採取方法を動画で説明
全国協力医療機関のご案内

個人情報の保護について

お申込時に検査キット送付先を郵便局留めやヤマト運輸センター止めにすることで、 お名前以外の個人情報を記載する必要がありません。
また検査結果をインターネットで確認することで、検査申込用紙に個人情報を一切記載しなくても問題ありません。
(ただし、検査申込用紙に必ずパスワードをご記入いただき控えを保管してください)


全力で個人情報の保護に取り組んでいます。
お知らせいただいた個人情報は、お客様に許可をいただかない限り、外部に開示することは一切ございません。