性病検査・HIV検査(エイズ)・感染症を郵送で手軽に検査。送料・代引き手数料無料。即日発送。匿名での検査も可能

12月も半分が終わり、街の中もテレビの中もクリスマス一色ですね。

私も、家にクリスマスの飾りつけをし、自分用のクリスマスプレゼントを考え、クリスマスに乗っています。

今年はクリスマスの飾りつけに、手作りのトルコランプを飾りました。

自分の手作りの為、なかなかいびつでセンスを感じられない部分もありますが、いざ灯りを点けると、下手くそなところは光で飛び、「それっぽい」仕上がりに。

ワークショップに作りへ行ったのですが、そのお店に置いてあった白いランプを気に入り、マネして白が基調のランプを作りました。

トルコランプと言うと、カラフルでキラキラきれいなイメージが強いですが、シンプルに色を入れないのも意外と味のある可憐な可愛さがありますよ。

みなさんも部屋の彩に手作りのトルコランプをいかがでしょうか?
 

毎年、十二月頃になりますと、書店には年賀状用の画像素材の本が平台に並び、
コンビニやスーパーなどでは年賀状の図案を掲載したカタログが置かれ始めます。

 

この年賀状の図案カタログを眺めるのが毎年ひそかな楽しみで、
来年の干支が墨絵で描かれた普遍的な画風の図案もあれば、
かわいらしいタッチで描かれたイラストもあり、
またフェルトや粘土、ちりめん細工などで作られた人形を撮影した写真もあったりと、
様々な趣向を凝らしたデザインを毎年楽しく眺めています。

 

干支の話題でよく挙げられるテーマの一つとして、
「なぜ干支にはネコが含まれないのか」というものがあります。
この疑問に対する一般的な解答としてよく用いられる説明が、
「神様が干支の順番を決めるために動物たちに召集をかけた際に、
ネコはネズミに騙されてしまい集合日を間違えてしまったから」

というものです。

 

自分もこのエピソードを、小学生の頃に
学習帳の表2や表3のあたりに掲載されていたコラムで読んだ記憶があり、
なるほどそんな理由があったのか、と納得したものですが、
冷静に考えるとこれは明らかに作り話であり、
かつて(神様ではなく)人が干支の動物を選定した際に、
なぜネコを外したのかという疑問については答えてくれません。

 

気になったので調べたところ、
日本で一般的に使われている十二支は、中国から伝わったものであり、
後漢時代に王充が『論衡』という著書で定めたものだそうです。

 

では王充がなぜネコを外したのか、ということについてですが、
その理由はよくわからず、一説によると中国にイエネコが伝わったのは、
紀元前2世紀頃にシルクロードを経由してからであり、
王充が『論衡』を著した時代には、まだ人々の間でネコが
一般的な動物ではなかったからだ、とも言われています。

 

ですが、2013年に中国で行われた発掘調査により、
5300年前の遺跡から人々がネコを飼っていたと思われる痕跡が見つかっており、

もしも中国の人々が数千年前からネコと生活を共にしていたのであれば、
後漢時代の民衆にとってネコが一般的ではなかったから十二支にいない、
というは説は考えにくいものとなります。

 

とはいえ中国で見つかった遺跡のネコが、

現在のイエネコの祖先と言われている中東のリビアヤマネコの血統に属する、

現在の我々が一般的な意味で想定する「ネコ」の範疇に属する動物として、

古代中国で認識されていたのか、という議論の余地もあります。

 

それにチベットやタイ、ベトナムなどの十二支には

ウサギの代わりにネコが含まれていることを考えると、

案外、中国の十二支にネコが含まれなかったのは、
王充がイヌ派で、ネコ科の動物としてはトラを入れるから
ネコは入れなくてもいいや、と思ったからかもしれませんね。

寒さが厳しい季節となりました。

寒い日にはこたつでみかんにかぎりますよね~

 

みかんを食べると風邪をひかないと聞きますが

粘膜を正常に保つ働きがあるビタミンCが多く含まれるからなのです。

中身をおいしくいただき風邪予防!!皮はゴミ箱へ!?と、していましたが

なんと、皮にも使い道があるそうです。

皮には天然の油が含まれており、掃除に役立てることができるとメディアで紹介されていました。

 

例えば・・・

『汚れを落とす効果』・・・机についてしまった油性ペンは皮の外側でこする。

シンクや蛇口などの金属部分は皮の内側でこるすと汚れが落ちキレイになります。

『つや出し効果』・・・皮の煮汁でフローリングを拭くと汚れが落ちるとともに艶がでます。

『臭いをとる効果』・・・魚や玉ねぎなどの生鮮食料品を切った後の手についた臭いも

手の中で皮を揉むようにすると臭いが和らぐそうです。

 

年末の大掃除前に小さな汚れは、みかんの皮でプチ掃除してみるのもいいかもしれませんね。

 

先日テレビで群馬の醤油専門店の紹介を見て、早速行ってきたのですが、
店員さんが『この醤油はこんな食材に合う』など詳しく教えてくださり、
全ての醤油を試食可能で、70種類以上の醤油を取り扱っているとのことでした。

醤油は、それぞれの地域の嗜好などにより種類が異なり
5つに分類されているそうです。

 

①白醤油
淡い琥珀色のしょうゆ。糖分が12~16%と高く、味は淡泊ながら甘味が強く独特の香りがあります。
素材本来の色を活かしたり、吸い物や、茶わん蒸しなどの料理、うどんの汁などに利用されます。

 

②薄口醤油
関西で生まれた色の淡いしょうゆで、
素材の持ち味を生かすために、色や香りを抑えたしょうゆです。
炊きあわせやふくめ煮など、素材の色や風味を生かして仕上げる調理に使われます。

 

③濃口醤油
国内生産量のうちおよそ8割を占める、最も一般的なしょうゆ。
用途は、つけ、かけ用としての卓上調味料をはじめ、煮物、焼物、だし、たれなど
調理用しょうゆとしてもほぼオールマイティです。

 

④再仕込み醤油
他のしょうゆは麹を食塩水で仕込むのに対ししょうゆで仕込むため、「さいしこみ」と呼ばれています。
色、味、香りともに濃厚で、刺身、寿司、冷奴など、おもに卓上でのつけ・かけ用に使われています。

 

⑤溜り醤油
とろみと濃厚な旨味、独特な香りが特徴。
寿司、刺身などの卓上用に使われるほか、加熱するときれいな赤身が出るため、
照り焼きなどの調理用や、佃煮などの加工用にも使われます。

 

お店には上記醤油の他にも
味噌醤油や燻製醤油、梅醤油など沢山の種類がありました。

私は今回、薄口醤油・再仕込み醤油・溜り醤油を買ったのですが
卵がけご飯や、納豆、おかかなどのお手軽ご飯も
醤油を変えるだけで味が変わるので、毎日の食事が少し楽しみになりました。
色々な醤油を試して自分だけのとっておき醤油をみつけてみようと思います!

11月の初旬に、友人と共に筑波山へ行ってきました。
その日は晴れていたこともあり、秋の行楽シーズンだからかたくさんの人で賑わっていました。
 
少し遅い時間に現地に着いたためか、駐車場もいっぱいで、駐車するまでに1時間ほど待ち、
スタートで遅れてしまった為、その日は男体山・女体山とある内の女体山のみ登りました。
女体山のみでしたが、奇岩群や山々の紅葉を十分に楽しめました。
 
また、帰りは普段なら危ないので日没前に下山するのですが、
紅葉の時期の筑波山では、ライトアップされた紅葉を見ながら
ケーブルカーに乗れるそうなのでそちらで下山しました。
ケーブルカーに乗るとすぐ車内の明かりが消され、
真っ暗の森の中やトンネルを進むことができ、通常では目にできない風景なのでワクワクしました。
 
肝心の紅葉はというと、山頂の方はあまりライトアップされておらず、
山の裾の方になると乗者している人たちの熱気で窓が曇ってしまい
正直あまり見えませんでした。
しかし、降車後に乗り場近くでライトアップされた紅葉を見ることができるので、
 
ケーブルカーを利用してよかったなぁと思います。
 
今回は女体山のみとなってしまったので、暖かくなったらまたリベンジしたいです。
12月が近づき、いよいよ本格的な冬に突入しますが、
体調等崩されないようご自愛くださいませ。

子宮頸がん・HPVしっかりセルフチェック
選べる便利なお支払方法
お問合せ窓口
0120-219-912
027-310-7000
サイトからのお見積もり・お問合せ
お問合せはこちらから
郵便局留め・ヤマト運輸センター
止置きについて
お届けする商品の荷姿 キャンセル・返品について 検査結果の確認について
「おはよう日本」等のメディアにGMEが取材されました
採取方法を動画で説明
全国協力医療機関のご案内

個人情報の保護について

お申込時に検査キット送付先を郵便局留めやヤマト運輸センター止めにすることで、 お名前以外の個人情報を記載する必要がありません。
また検査結果をインターネットで確認することで、検査申込用紙に個人情報を一切記載しなくても問題ありません。
(ただし、検査申込用紙に必ずパスワードをご記入いただき控えを保管してください)


全力で個人情報の保護に取り組んでいます。
お知らせいただいた個人情報は、お客様に許可をいただかない限り、外部に開示することは一切ございません。