検体採取の方法を検査ごとに、わかりやすく画像でご説明いたします。郵送検査に対する不安や疑問を解決いただけます。

採取方法説明(静止画)
このページでは動画の採取方法を抜粋してご説明いたします。
 ▶ 動画の採取方法説明 
 はこちら
血液検査 血液検査

該当検査項目

HIV抗体・梅毒・B型肝炎・C型肝炎

採血時における注意事項

  • ・十分な血液量が得られないと、正しい結果がでない事があります。
  • ・出血性疾患により止血機能が低下している方や、採血の際に血圧や心拍数の低下(血管迷走神経反射)のご経験、ショックアレルギーのある方は使用しないでください。
  • ・刺した部分が化膿した場合には、医師にご相談ください。
  • ・使用、未使用に関わらずすべてのランセット(血液採取器具)と消毒綿は、お送りしております医療廃棄物返送用袋にてご返送ください。
  • ・検体に、使用済み消毒綿を同封すると検査不可となる場合があります。
血液採取1 血液採取2 血液採取3
はじめに検査申込書に必要事項を記入します。記入が終わりましたら、検査申込書をはがし2枚目を保管してください。 採血する場所は、指先の両側が痛みを感じにくいため推奨されています。※指の腹で採血しても問題ありません。 ランセットのキャップをねじり取って採血の準備をしてください。
血液採取4 血液採取5 血液採取6
一度使用したランセットは再利用できません。使用前に先端を押さないで下さい。 消毒綿で採血する場所を拭き、よく乾かしてください。 採血する方の指を台の上に置くなどして固定します。
血液採取7 血液採取8 血液採取9
ランセットを採血部位に押し当てます。 Point!針を刺した後、肘から指先に向かってしぼりだすようにします。 Point!刺し傷をつけても血液が出にくい場合は、てのひらから指先に向かってしぼり出してください。
血液採取10 血液採取11 血液採取12
ポタリと落とす感じで染み込ませてください。血液が落ちない場合、血液をろ紙に軽く押し当ててください。 血液は、○を目安に落としてください。また、忘れずに検査申込番号のシールをお貼り下さい。 採血後は直射日光を避け、3時間を目安に自然乾燥させてから「血液専用返送袋」にろ紙のみ入れてご返送ください。
血液採取13
採血した検体は検査申込書・問診票と一緒に返信用封筒に入れてご返送ください。使用未使用関わらずランセットも一緒に返送くだされば当社で医療廃棄物として処理します。
うがい液検査 うがい液検査

該当検査項目

のど(咽頭)淋菌・のど(咽頭)クラミジア

うがい液採取における注意事項

  • ・起床後の、飲食やうがいをしていない状態で採取してください。
  • ・うがいの水量は15ml程度で多くしすぎないでください。
  • 顔を上に向けてガラガラとうがいをしてください。口をすすぐだけでは正確な判定ができない場合があります。
  • ・採取後は、当日中にご返送ください。
  • ※起床後に採取できなかった場合、最後の飲食やうがいから1〜2時間程度空けてから採取していただければ、問題ありません。
うがい液1 うがい液2 うがい液3
はじめに検査申込書に必要事項を記入します。記入が終わりましたら、検査申込書をはがし2枚目を保管してください。 袋の封を開け、容器と説明書を取り出します。 コップを組み立てます。
うがい液4 うがい液5 うがい液6
コップの底から1cm位(15ml程度)まで水を入れ、すべて口に含みます。 上を向いて約10秒、勢いよくうがいをします。
Point!ガラガラうがいです
口に含んだうがい液を、コップに吐き出します。
うがい液7 うがい液8 うがい液9
採取容器をつぶして空気を抜き、スポイトのようにしてうがい液を吸い取ります。 採取容器のキャップをしっかり閉め、返送用のチャック袋に入れます。 採取した検体は検査申込書・問診票と一緒に返信用封筒に入れてご返送ください。
膣(ちつ)① (性器) クラミジア・淋菌 膣分泌物検査(女性) 膣(ちつ)① (性器) クラミジア・淋菌 膣分泌物検査(女性)

該当検査項目

(性器) クラミジア・淋菌

膣分泌物 採取における注意事項

  • ・ 生理中の採取は避けてください。
  • ・ 性行為直後の採取は避けてください。
  • ・ 採取前の膣内洗浄は避けてください。
  • ・ 膣のぬり薬を塗った状態での検体採取はお控えください。
  • ・ 採取中、膣内で綿棒を強く曲げないでください。綿棒が折れて膣内に残ったり、膣内を傷つけてしまう恐れがあります。
膣分泌物検査1 膣分泌物検査2 膣分泌物検査3
はじめに検査申込書に必要事項を記入します。記入が終わりましたら、検査申込書をはがし2枚目を保管してください。 袋の封を開け、綿棒、容器、説明書を取り出します。 シールに必要事項を記入し、容器に貼ります。
膣分泌物検査4 膣分泌物検査5 膣分泌物検査6
清潔な手で、綿棒を1本取り出し図のように持ちます。(1本は予備です) 綿棒を膣入口から4~5cm挿入し、同じ方向に7~8回回転させ、まっすぐ静かに引き抜いてください。Point!膣口すぐではありません 採取容器に綿棒を先端から入れ、綿棒中央の線を容器のフチに合わせ折り曲げます。持っていた部分は不要です。
膣分泌物検査7 膣分泌物検査8 膣分泌物検査9
容器のキャップをしっかり閉めます。 容器を返送用のチャックを袋に入れ、しっかり閉めます。 採取した検体は検査申込書・問診票と一緒に返信用封筒に入れてご返送ください。
女性生殖器図解
(参考)女性生殖器図解
子宮の長さは7cm、膣の長さは7~9cmが一般的です
膣(ちつ)② (性器)トリコモナス・カンジダ・HPV 膣分泌物検査(女性) 膣(ちつ)② (性器)トリコモナス・カンジダ・HPV 膣分泌物検査(女性)

該当検査項目

(性器)トリコモナス・カンジダ・HPV(ヒトパピローマウイルス)

膣分泌物 採取における注意事項

  • ・ 生理中の採取は避けてください。
  • ・ 性行為直後の採取は避けてください。
  • ・ 採取前の膣内洗浄は避けてください。
  • ・ 膣のぬり薬を塗った状態での検体採取はお控えください。
  • ・ 採取中、膣内を強くこすらないでください。また、綿棒が曲がるほど強い力を加えないでください。
膣分泌物1 膣分検査2 膣分泌物3
はじめに検査申込書に必要事項を記入します。記入が終わりましたら、検査申込書をはがし2枚目を保管してください。 袋の封を開け、容器の入った袋と説明書を取り出します。 袋から容器を取り出します。
膣分泌物4 膣分泌物5 膣分泌物6
検査番号シールを容器に貼ります。 綿棒を取り出し、キャップを図のように持ちます。 膣口を開きながら、綿棒を膣内に3cm程度挿入します。Point!膣口すぐではありません
膣分泌物7 膣分泌物8 膣分泌物9
膣分で綿棒を7~8回回転させながら、分泌液を拭い取ります。 綿棒がどこにも触れないように容器に入れます。 容器を返送用のチャック袋に入れ、検査申込書・問診票と一緒に返信用封筒に入れてご返送ください。
女性生殖器図解
(参考)女性生殖器図解
子宮の長さは7cm、膣の長さは7~9cmが一般的です
陰茎表皮擦過物検査(男性) 陰茎表皮擦過物検査(男性)

該当検査項目

カンジダ

陰茎表皮擦過における注意事項

  • ・手をきれいに洗った後に採取してください。
  • ・入浴前に採取してください。
  • ・綿棒の先端部分を手で触ったり、陰茎以外のものに触れることがないようにして下さい。
  • ・陰茎全体(特に皮膚の重なっているところや冠状溝)をぬぐって下さい。
陰茎表皮擦過物検査1 陰茎表皮擦過物検査2 陰茎表皮擦過物検査3
はじめに検査申込書に必要事項を記入します。記入が終わりましたら、検査申込書をはがし2枚目を保管してください。 袋の封を開け、容器の入った袋と説明書を取り出します。 袋から容器を取り出します。
陰茎表皮擦過物検査4 陰茎表皮擦過物検査5 陰茎表皮擦過物検査6
検査申込番号のシールを容器に貼ります。 Point!まず手をきれいに洗います
綿棒を取り出し、キャップを図のように持ちます。
陰茎全体を丁寧に拭ってください。(特に皮膚の重なっている部分や管状溝)
陰茎表皮擦過物検査7 陰茎表皮擦過物検査8 陰茎表皮擦過物検査9
綿棒がどこにも触れないよう容器に入れます。 容器を返送用のチャックを袋に入れ、しっかり閉めます。 採取した検体は検査申込書・問診票と一緒に返信用封筒に入れてご返送ください。
尿検査(男性) 尿検査(男性)

該当検査項目

性器淋菌(淋病)・性器クラミジア・トリコモナス

採尿における注意事項

  • ・起床後の出始めの尿(初尿)を採取してください。
  • ・採取後は、当日中にご返送ください。
  • ※採取できなかった場合、最後の排尿後から2~3時間経過してから出始めの尿(初尿)を採取していただければ問題ありません。
尿検査男性1 尿検査男性2 尿検査男性3
はじめに検査申込書に必要事項を記入します。記入が終わりましたら、検査申込書をはがし2枚目を保管してください。 袋の封を開け、容器の入った袋と説明書を取り出します。 コップを組み立てます。
尿検査男性4 尿検査男性5 尿検査男性6
コップの中に尿を取ります。
Point!出始めの尿からとります。
採取容器をつぶして空気を抜き、スポイトのようにして尿を吸い上げます。 採取容器の赤いキャップを閉めます。
尿検査男性7 尿検査男性8 尿検査男性9
検査申込番号のシールを容器に貼ります。 容器を返送用のチャックを袋に入れ、しっかり閉めます。 採取した検体は検査申込書・問診票と一緒に返信用封筒に入れてご返送ください。
がんに関する検体採取方法 がんに関する検体採取方法
肺がん検査(喀痰採取) 肺がん検査(喀痰採取)

該当検査項目

肺がん

喀痰採取における注意事項

  • ・起床後の喀痰を排出・採取してください。
  • ・3日間続けて採取してください。
  • ・痰の量は、青線を超えないようにしてください。
  • ・つば(だ液)や鼻水は、入れないでください。
  • ・容器内の薬液は飲めません。
  • ※起床後に痰が出ない場合は、出やすい時間帯での採取でも可能です。
肺がん検査1 肺がん検査2 肺がん検査3
はじめに検査申込書に必要事項を記入します。記入が終わりましたら、検査申込書をはがし2枚目を保管してください。 袋の封を開け、容器を取り出します。 朝起きたら歯磨きをせず、水で口をすすぎます。
肺がん検査4 肺がん検査5 肺がん検査6
深く息を吸い込み、肺の奥からタンを出すような気持ちで咳をしてください。このとき出るタンを採タン容器に吐き出してください。 採タン容器の蓋を固く締め、約20回容器を強く振りタンを溶かしてください。 3日間同じ容器に、同じ要領でタンをとります。
肺がん検査7 肺がん検査8 肺がん検査9
蓋は必ず固く締めてください。 容器を返送用のチャックを袋に入れ、しっかり閉めます。 採取した検体は検査申込書・問診票と一緒に返信用封筒に入れてご返送ください。
子宮頸がん検査(子宮頸部擦過物) 子宮頸がん検査(子宮頸部擦過物)

該当検査項目

子宮頸がん

子宮頸がん検体採取における注意事項

  • ・生理中の採取は避けてください。
  • ・採取前の性交・膣内洗浄は避けてください。
  • ・採取前の入浴は避けてください。
  • ・妊娠中の方は使用しないでください。
子宮頸がん検査1 子宮頸がん検査2 子宮頸がん検査3
はじめに検査申込書に必要事項を記入します。記入が終わりましたら、検査申込書をはがし2枚目を保管してください。 袋の封を開け、容器の入った袋と固定液(ピンク色の液)と説明書を取り出します。 ケースの中から容器を取り出します。
子宮頸がん検査4 子宮頸がん検査5 子宮頸がん検査6
黄色のキャップを必ず外します。 図のようにしゃがんだ姿勢になります。 器具をゆっくりと、膣の中深く、容器のツバのところまで入れます。Point!膣口すぐではありません
子宮頸がん検査7 子宮頸がん検査8 子宮頸がん検査9
器具のハンドル(ピストン)を押すと、スポンジが子宮に当たりますので、そのままハンドルを6回まわします。 ピストンを引いて、スポンジを元の位置に戻して、器具を膣の中から取り出します。 器具先端のスポンジ部分に、固定液(薬)を全部注ぎ入れてください。
子宮頸がん検査10 子宮頸がん検査11 子宮頸がん検査12
元のように必ずキャップをしっかりとかぶせてください。 器具を元のケースに収めます。 器具(検体)を検査申込書・問診票と一緒に返信用封筒に入れてご返送ください。
女性生殖器図解
(参考)女性生殖器図解
子宮の長さは7cm、膣の長さは7~9cmが一般的です
胃がん予防(ピロリ菌)検査(便採取) 胃がん予防(ピロリ菌)検査(便採取)

該当検査項目

胃がん予防(ピロリ菌)検査

便採取における注意事項

  • ・採取後は、ご返送までの間、冷暗所に保管してください。
  • ・採取後は、速やかにヤマト運輸のクール宅急便にてご返送ください。
  • ・容器内の液は捨てないでください。
  • ・便容器の緑キャップは、絶対はずしたり、ゆるめたりしないでください。
胃がん予防検査1 胃がん予防検査2 胃がん予防検査3
はじめに検査申込書に必要事項を記入します。記入が終わりましたら、検査申込書をはがし2枚目を保管してください。 袋の封を開け、容器と説明書を取り出します。 便器にトイレットペーパーを敷き、その上に排便します。
胃がん予防検査4 胃がん予防検査5 胃がん予防検査6
ピンクの採便棒を回して引き抜きます。 採便棒先端の溝すべてが便で埋まるように、便の表面をこすりとります。Point!表面です 採便棒を容器に戻して、根元までしっかりねじ込みます。
胃がん予防検査7 胃がん予防検査8
採便棒を容器にねじ込んだ後は、再び開けないでください。容器は冷暗所に保管してください。 返送は検査申込書・問診票と一緒に返信用封筒に入れて、ヤマト運輸のクール宅急便でお送りください。
大腸がん検査(便採取) 大腸がん検査(便採取)

該当検査項目

大腸がん(便潜血)検査

便潜血検査における注意事項

  • ・2日間連続して便を採取してください。
    採取後はご返送までの間、冷暗所に保管してください。
  • ・採取後は、速やかにヤマト運輸のクール宅急便にてご返送ください。
  • ・1本目の容器に、2日分とらないでください。
  • ・生理中の採取はしないでください。
  • ・容器の液を捨てたり、飲んだり、水を足したりしないでください。
大腸がん検査1 大腸がん検査2 大腸がん検査3
はじめに検査申込書に必要事項を記入します。記入が終わりましたら、検査申込書をはがし2枚目を保管してください。 袋の封を開け、容器と説明書を取り出します。 キャップを回して綿棒を引き抜きます。1日目は葵容器、2日目は赤い容器を使用します。
大腸がん検査4 大腸がん検査5 大腸がん検査6
便器にトイレットペーパーを敷き、その上に排便します。 採便棒先端の溝すべてが便で埋まるように、便の表面をこすりとります。Point!表面です 1日目は青字ラベルの容器に、2日目は赤字ラベルの容器に、採便棒を差し込みパチンと音がするまでキャップを強く押します。
大腸がん検査7 大腸がん検査8
採便後は冷暗所で保管し、2日分とれましたらすぐに返送ください。 返送は検査申込書・問診票と一緒に返信用封筒に入れて、ヤマト運輸のクール宅急便でお送りください。
子宮頸がん・HPVしっかりセルフチェック
「おはよう日本」等のメディアにGMEが取材されました 社会貢献エイズ孤児支援 採取方法を動画で説明 エイズ予防財団サイトはこちら 全国協力医療機関のご案内 検査精度について
選べる便利なお支払方法
お問合せ窓口
0120-219-912
027-310-7000
サイトからのお見積もり・お問合せ
お問合せはこちらから
郵便局留め・ヤマト運輸センター
止置きについて
お届けする商品の荷姿 キャンセル・返品について 検査結果の確認について
「おはよう日本」等のメディアにGMEが取材されました
採取方法を動画で説明
全国協力医療機関のご案内

個人情報の保護について

お申込時に検査キット送付先を郵便局留めやヤマト運輸センター止めにすることで、 お名前以外の個人情報を記載する必要がありません。
また検査結果をインターネットで確認することで、検査申込用紙に個人情報を一切記載しなくても問題ありません。
(ただし、検査申込用紙に必ずパスワードをご記入いただき控えを保管してください)


全力で個人情報の保護に取り組んでいます。
お知らせいただいた個人情報は、お客様に許可をいただかない限り、外部に開示することは一切ございません。