性病検査・HIV検査(エイズ)・感染症を郵送で手軽に検査。送料・代引き手数料無料。即日発送。匿名での検査も可能

新着情報
2017/12/03
日本性感染症学会に参加してきました

2017年12月2日~3日に北海道札幌市で開催された性感染症学会の第30回学術大会に参加しました。

  第30回学会


近年、感染者が増加傾向にある「梅毒」についての発表が多く見られ、弊社も梅毒についての発表を行いました。

弊社で発表した内容は、弊社内で検査を行い陽性と判定した人数の集計とその考察です。陽性と判定した人数は、2014年頃より年々増加していることが分かりました。検査数が増加しているものの陽性率が増加していましたので、陽性者が増えているのだと考えられます。また、その陽性者の増え方としては、最近の2年間では20代女性の陽性者が多く見られ、若い女性に梅毒が流行していることを示唆する結果となりました。

  第30回学会


感染者の数で考えると、梅毒よりも圧倒的に多いのがクラミジアや淋菌です。症状が現れない無症候性感染者がかなり潜んでいるとの報告もありました。

感染拡大防止へ何らかの対策を講じる必要があり、すぐできる対策としては、性交渉の際にコンドームを使用することだと思います。他の対策としては、定期的に性感染症の検査を受けることも有効です。早期発見・早期治療ができれば感染の拡大を防ぐことができます。

病院や保健所等で検査を受けることができますが、症状がないのに病院へ行くのには抵抗がある、できれば誰とも顔を合わせたくない、などと思っている方は当社のような郵送検査を活用されてみてはいかがでしょうか。

トップに戻る
新着情報一覧に戻る
子宮頸がん・HPVしっかりセルフチェック
選べる便利なお支払方法
お問合せ窓口
0120-219-912
027-310-7000
サイトからのお見積もり・お問合せ
お問合せはこちらから
郵便局留め・ヤマト運輸センター
止置きについて
お届けの荷姿 キャンセル・返品について 検査結果の確認について
「おはよう日本」等のメディアにGMEが取材されました
採取方法を動画で説明
全国協力医療機関のご案内

個人情報の保護について

お申込時に送付先を郵便局留めやヤマト運輸センター止めにすることで、お名前以外の個人情報を記載する必要がありません。
また検査結果をインターネットで確認することで、検査申込用紙に個人情報を一切記載しなくても問題ありません。
(ただし、検査申込用紙に必ずパスワードをご記入いただき控えを保管してください)


全力で個人情報の保護に取り組んでいます。
お知らせいただいた個人情報は、お客様に許可をいただかない限り、外部に開示することは一切ございません。