GME医学検査研究所

結婚・妊娠前の大切なヘルスチェック。ブライダルチェックしてますか?

結婚・妊娠前のブライダルチェックをする方が増えています

「プレママチェック」や「プレママ健診」といった呼び方もありますが、すべてブライダルチェックと同じものになります。結婚・妊娠前の大切な検査ですが、まだまだ浸透していないブライダルチェック。一体どんなものなのか調べていきましょう。

ブライダルチェックとは

ブライダルチェックとは、結婚を控えた女性が妊娠や出産に影響を与える疾患があるかどうかを、結婚前にチェックすることを目的に行われています。
結婚も予定しているし子供も欲しい、だけれど自分とパートナーの目に見えない身体の部分が「バッチリ健康でいつでも妊娠できます!」とはっきり言えますか?まだ結婚予定のないカップルの方でも今お付き合いしている彼が病気を持っていたら、次に付き合う人、はては未来の旦那様にまで病気を移してしまうことに…。

今後くる新しい未来のためにしっかりと検査をしたいという方が増えてきています。主な検査内容は、性感染症検査(HIV・梅毒・性器クラミジア・性器淋菌・トリコモナス・カンジダ)、子宮頸がん検査・HPV検査などが含まれます。

ブライダルチェックの現状

多くの女性が、ブライダルチェックはしたいけれど婦人科まで行って検査をするのは気が重い・万が一検査結果が悪かった場合に誰かに知られるのが嫌・検査内容がわからなくて怖い、などの不安が大半で、なかなかブライダルチェックに踏み出せないというのも事実です。

また男性と一緒に検査を受けることが望ましいブライダルチェックですが、自分のパートナーに性病検査などのために病院に行ってほしいと言うのに勇気が必要で、自分ひとりなら行けるけどパートナーと一緒には行けない!という方も多いようです。

婦人科に行かなくても検査可能?

婦人科に行かなくても検査可能な方法があります。先ほどの現状では病院まで行かなければならない。という理由で検査ができない方が多かったですね。
ですが郵送でできる検査なら病院に行かずに自宅で検査ができるので、誰かに知られる心配もありません。

また、なかなか時間のとれないパートナーの方も自宅でなら空いた時間に検査をすることが可能になります。さらに、パートナーの方に言い出しづらいという場合でも、郵送で送られてくる検査キットをプレゼントとして送るなど、相手を傷つけない方法で検査をすすめる事ができます。
さらにGME医学検査研究所では男女ペア検査というセットもあります。結婚前・妊娠前の今のうちに、2人で一緒に郵送検査を受けてみてはいかがでしょうか?

男女ペア郵送検査がおすすめ

症状の表れない性病もあります

症状の表れない性病もあります。症状がないから安心と思い検査を受けないでいると、突然悪化して重篤化してしまったり、気づかないまま感染源になってしまったりということもあります。
症状の表れない性病で代表的なのはクラミジア感染症です。クラミジア感染症を放置すると、不妊の原因になったり、妊娠中であると早期流産の原因になることもあります。女性の場合はクラミジア感染症の、なんと約80%もが全く自覚症状がないと言われていますので注意が必要です。さらにパートナー間でピンポン感染を繰り返すため、パートナーと一緒に検査を受けて同時に治癒をすることが大切です。
※ピンポン感染=お互いに感染させあってしまうこと

結婚前の今のうちだからこそ検査したい
でも婦人科に行くのは気が重い
お互い時間がとれない
パートナーになかなか言い出せない
そんなお悩みを解決できるのが郵送検査です