GME医学検査研究所

【子宮頸がん】発症のピークは30代!あなたにも危険が迫っているかもしれません

いま、若い女性に増えてきている子宮頸がん。発症ピークは30代

日本は、他の先進諸国と比べて、子宮頸がんの検診受診率が低い為、進行してから発見されることが多く、命を落としてしまうケースも多数ありますが、定期検診などで早期に発見することで、確実に予防ができるがんです。
かなり進行するまで、自覚症状がほとんどなく、命を落とすことがなくても子宮の摘出が必要になって、妊娠や出産ができなくなることもあります。しかし、早期に発見することで、比較的治療しやすいことが特徴です。

子宮頸がんとは

「子宮頸がん」は子宮の入り口の子宮頸部に発症します。かなり進行するまで、自覚症状がほとんどありません。
主に30~40代で発症する方が多い病気ですが、最近では20~30代にも急増中で、若年層まで注意が必要です。
「子宮体がん」は、子宮体部にできるがんで、閉経前後の女性がかかりやすく、早期から不正出血などの自覚症状があります。
また子宮頸がんは、がんができる組織の場所により「扁平上皮がん」と「腺がん」、またこの2つが混合した「腺扁平上皮がん」に大別されます。

子宮頸がんの原因

子宮頸がんは、性交渉で感染する【高リスク型のヒトパピローマウイルス(HPV)】というウイルスの感染が原因です。また、喫煙も子宮頸がんの危険要因であることがわかっています。
子宮頸がん患者の90%以上から高リスク型HPVが検出されています。このウイルスはごくありふれたもので、性交渉の経験がある女性であれば、ほとんどの女性が一度は感染するといわれています。多くの場合は、このウイルスに感染しても免疫力によって自然にウイルスが体内から排除されます。
しかし、感染したおよそ10%の女性がウイルスを体内から排除できず、感染が長期化(持続感染)してしまうことがあります。すると、子宮頸部の細胞に異常(異形成)を引き起こし、長い年月をかけて子宮頸がんへと進行する可能性があります。
高リスク型HPVに持続感染した場合、子宮頸部の細胞に異常な変化が起こる場合があります。この細胞の変化を「異形成」といいます。異形成はがんではありません。
異形成になっても、多くはHPVが自然に排除されると、それに伴い細胞は正常な状態へ戻ります。しかし、一部の人はHPVが排除されず、異形成の程度が、「軽度異形成」から、「中等度異形成」、そして「高度異形成」へと長い時間をかけて進行します。
異形成から高度異形成の状態で発見・治療すればがんにはなりません。
高度異形成を治療せずに放置した場合、子宮頸がんまで進行することがあります。

どんな症状があるの?

子宮頸がんはほとんどの場合において、初期には全く症状がないので自分で気づくことが難しい病気です。
症状に気づいてからでは、進行している可能性が高くなります。

ほとんどの人が自覚症状はありません。定期的に検査を受けていれば、がんになる前の段階(異形成)で発見することができます。この異形成の段階で治療を行えば、子宮を摘出することなく完治できるため、その後の妊娠や出産にもほとんど影響はありません。 不正出血(月経時以外の出血)、性交時の痛み、性交渉後の出血、おりものに血や膿が混じる、おりものの量が増える、下腹部や腰の痛み、など

子宮頸がんの予防

■定期検査
子宮頸がんは、定期的に検査を受けていれば、がんになる前の段階(異形成)で発見することができます。異形成の段階で治療を行えば、子宮を摘出することなく完治できるので、その後の妊娠や出産にもほとんど影響はありません。
性交渉の経験から3年以上経過している場合は、積極的に子宮頸がん検診を受けることが大切です。
細胞診とHPV検査を併用することで、子宮頸がんの見逃しをほぼゼロにすることができます。

「HPV検査」と「細胞診」を併用することで、子宮頸がんの見逃しをほぼゼロにすることができます。

現在の子宮頸がん検診は細胞診という検査法が主流です。これは、細胞の状態を顕微鏡を使って検査する方法で、がんの発見には有効な方法です。しかし、細胞診検査は検査の特性としてがん病変を発見できない可能性も否定できません。
一方、HPV検査は原因ウイルスの存在を調べる検査なので異形成の有無の予測にも優れておりまた、細胞診で発見できない病変の存在を考慮することができます。細胞診とHPV検査を併用することで、子宮頸がんの見逃しをほぼゼロにすることができ、子宮頸がんの早期発見に大きく役立ちます。

子宮頸がんのまとめ

ほとんどの女性が発症する危険があるのに
自覚症状が全く出ない事の多い子宮頸がん

早期発見で治療することも可能ながんなので
定期的な検査をおこなうことをおすすめします。