GME医学検査研究所

新型コロナウイルス検査を郵送検査で行うメリット

郵送検査とは

郵送検査とは、インターネットや電話で検査を注文し、自宅でキット受け取り(自宅以外なら職場等でも可能です)、自分で検体を採取して、あとは返送するだけの簡単に検査ができる方法です。

病院やクリニックに行く必要がないため移動時や病院などで人と接触する不安や、検査を受けたことが広まってしまう不安などがありません。
また検査結果はWEBで確認できるため、出先などでも気になる時にすぐに結果を確認することができます。
また、ご希望の方には有料で検査結果証明書をお送りしています。(PCR検査のみ)証明書の提出を求められた際などにご利用ください。

GME郵送検査のメリット

  • ◎365日キット発送

    土日祝日含め、検査キットは毎日発送しています。

  • ◎検体受領後すぐに検査開始

    PCR検査は検体がGMEに届いた当日に結果を確認できます。
    ※抗体検査の場合は中2日程度かかります。

  • ◎WEB上で結果確認

    外出先などでも簡単に結果を確認することができます。また、検査結果はご本人様のみに通知します。

  • ◎団体割引有

    団体・法人様も受付可能です。団体で受けていただく場合は別でお見積りをお送りしています。
    法人様ページはこちら

  • ◎ご自宅で完結

    病院やクリニックなどに行く必要がないため、移動もなく、誰かと接触する不安がありません。

  • ◎検体採取も簡単

    詳細な説明書を検査キットと一緒にお送りします。動画でも採取方法をご説明しています。

GMEの検査について

GMEではPCR検査、抗体検査ともに郵送での検査を行っています。
PCR検査と抗体検査では検査してわかることが違います。現在感染しているかどうかを検査したい場合はPCR検査を。過去に感染していたかどうかを検査したい場合は抗体検査を受けてください。
また、新型コロナウイルスワクチンを接種した後の抗体価(量)を調べる場合もS抗体検査を受けてください。
※GMEのS抗体検査はワクチンを接種していない方が受けた場合、通常の抗体検査と同様に過去に感染したかどうかがわかります。

採取方法 検査方法 わかること 検査のタイミング 費用
PCR検査 唾液 リアルタイムPCR法 現在の感染の有無 感染機会から平均は5~7日程度 14,500円(税抜)
(税込:15,950円)
S抗体検査 血液 ECLIA法 過去の感染の有無・抗体の量 感染機会から平均は10日以降
・ワクチン接種後
8,818円(税抜)
(税込:9,700円)

※新型コロナウイルスの潜伏期間は個人差が大きい(1~14日)のため、あくまで目安の日数となります。