全商品 送料・代引手数料が無料
17時までのご注文で当日発送可

不安な行為があってからすぐに梅毒検査をしても大丈夫ですか。

梅毒に感染すると、“脂質抗原に対する抗体”と”梅毒菌体成分に対する抗体”の2種類の抗体ができます。梅毒検査ではこの2種類の抗体を検出します。

感染したおよそ2~4週後に、RPR法などで検査される“脂質抗原に対する抗体”が陽性(+)化し、ついで4週後ぐらいから、TPHA(TPPA)法で検出できる“梅毒菌体成分に対する抗体”が陽性(+)化します。

したがって感染してから4週間以上経過しないと、検査をしても正しい検査結果が得られません。

当所はECLIA法(電気化学発光免疫測定法)=第4世代検査=を行っております。

検査サービスについてご不明な点がございましたらお問い合わせください

フリーダイヤル
0120​-219-912
携帯電話からはこちら
受付時間10:00~19:00365日対応
お問い合わせフォーム