HPV(-)で、子宮頸がん検査(細胞診)がクラスⅠ~Ⅱの方へ

ヒトパピローマウイルス検査(HPV検査)

16.18.31.33.35.39.45.51.52.56.58.59.68型の中~高リスク型の検査をおこないます。

2つの検査をお奨めしています。がんの前段階での治療に役立てることを目的としています。つまり、子宮頸がんの予防です。子宮頸がんは、ヒトパピローマウイルスが原因であることが分かっています。この検査を受け、下記の通りに実行していただければ、ほぼあなたは、子宮頸がんになることはありません。

 

▽ HPV(-)で、子宮頸がん検査(細胞診)がクラスⅠ~Ⅱの方へ ▽
ご注意事項 HPVに感染していてもほとんどの人が気づかないまま免疫力によって自然に排除してしまいます。しかし、約10人に1人位はHPVを自然に排除できずに感染が長期化(持続感染)します。その場合、子宮頸部の細胞に異常な変化がおきます。細胞に異常な変化がおきても、HPVが排除されればそのまま治ってしまいます。
しかし、一部の人ではHPVを排除できず放置した場合、子宮頸がんまで進行することがあります。定期的な検査を行うことにより、がんの前段階をキャッチでき、ガンになる前に簡単な治療をすることが可能になります。

 

検査結果

 

HPV(+)で、子宮頸がん検査(細胞診)がクラスⅠ~Ⅱの方へ

ヒトパピローマウイルス検査(HPV検査)

16.18.31.33.35.39.45.51.52.56.58.59.68型の中~高リスク型の検査をおこないます。

2つの検査をお奨めしています。がんの前段階での治療に役立てることを目的としています。つまり、子宮頸がんの予防です。子宮頸がんは、ヒトパピローマウイルスが原因であることが分かっています。この検査を受け、下記の通りに実行していただければ、ほぼあなたは、子宮頸がんになることはありません。

 

▽ HPV(+)で、子宮頸がん検査(細胞診)がクラスⅠ~Ⅱの方へ ▽
ご注意事項 HPVに感染していてもほとんどの人が気づかないまま免疫力によって自然に排除してしまいます。しかし、約10人に1人位はHPVを自然に排除できずに感染が長期化(持続感染)します。
その場合、子宮頸部の細胞に異常な変化がおきます。細胞に異常な変化がおきても、HPVが排除されればそのまま治ってしまいます。しかし、一部の人ではHPVを排除できず放置した場合、子宮頸がんまで進行することがあります。
定期的な検査を行うことにより、がんの前段階をキャッチでき、ガンになる前に簡単な治療をすることが可能になります。

 

検査結果

 

HPV(-)又は(+)で、子宮頸がん検査(細胞診)がクラスⅡb~Ⅴの方へ

子宮頸がん検査(細胞診) クラスⅡb~Ⅴ
ヒトパピローマウイルス検査(HPV検査)
16.18.31.33.35.39.45.51.52.56.58.59.68型の中~高リスク型の検査をおこないます。

2つの検査をお奨めしています。がんの前段階での治療に役立てることを目的としています。つまり、子宮頸がんの予防です。子宮頸がんは、ヒトパピローマウイルスが原因であることが分かっています。この検査を受け、下記の通りに実行していただければ、ほぼあなたは、子宮頸がんになることはありません。

 

▽ HPV(-)又は(+)で、子宮頸がん検査(細胞診)がクラスⅡb~Ⅴの方へ ▽
ご注意事項 HPVに感染していてもほとんどの人が気づかないまま免疫力によって自然に排除してしまいます。
しかし、約10人に1人位はHPVを自然に排除できずに感染が長期化(持続感染)します。その場合、子宮頸部の細胞に異常な変化がおきます。
細胞に異常な変化がおきても、HPVが排除されればそのまま治ってしまいます。しかし、一部の人ではHPVを排除できず放置した場合、子宮頸がんまで進行することがあります。定期的な検査を行うことにより、がんの前段階をキャッチでき、ガンになる前に簡単な治療をすることが可能になります。

 

検査結果