全商品 送料・代引手数料が無料
17時までのご注文で当日発送可

結果が陽性の方へ

お早めに医療機関へ受診されることをお勧めいたします。
GME協力医療機関では、早期治療・早期回復でお客様の不安をできる限り早く取り除きます。

医療機関受診の手順

①該当する陽性項目で治療の必要がある場合には、 GME協力医療機関  またはお近くの医療機関へ【検査結果報告書】(検査結果ページでダウンロードしたPDFを印刷したもの)を持参して受診してください。
報告書には検査方法と判定基準や測定値等を記載しております。
▶検査結果ログインページはこちら
②医師の判断に従い、薬剤処方または再検査などを行ってください。
③点滴や薬の服用等で治療を行います。症状が改善されても途中で服用を中止せずに、最後まで服用してください。
④治療の確認。治癒確認検査を行うかは、医師が判断いたします。
検査結果報告書と診療願いの書類
検査結果報告書と診療願いの書類
検査結果報告書と診療願いの書類

協力医療機関とは

当社郵送検査の趣旨や検査方法をご理解いただき、お客様の診察・治療がスムーズに進むようご協力いただいている医療機関様です。 ▶協力医療機関を探す
【検査結果に関しまして】
弊社では精確な結果を得られるよう万全の体制で検査に臨んでおりますが、検査法や検体採取のタイミングにより検査施設間で異なる場合がございます。

各病気の診療科・治療について

お近くの医療機関を受診される場合は、各病気の診療科をご確認いただいてから受診してください。
性病検査
がん検査

よくあるご質問

GMEからお薬を処方することはできないのですか。
GMEは登録衛生検査所であり医師の確定診断ではないため、お薬の処方(処方箋の発行)を行うことができかねます。お薬の処方及び治療につきましては医師の判断により行います。
協力医療機関へ受診すれば、すぐに治療(処方)してもらえるのでしょうか。
協力医療機関様は、弊社の郵送検査の趣旨や検査方法などをご理解いただいたうえでご協力をいただいております。
そのため、多くの場合が当所の検査結果をご持参いただくことで、医師が必要と判断した場合を除き、重複した検査を行わないで診察致します。
スクリーニング検査と確認検査の違いについて教えてください。
スクリーニング検査とは、大勢の中から疑わしい人をピックアップするための、第一段階のふるいわけを行う検査です。 おおむね集団検診で行われる検査などがスクリーニング検査にあたります。
スクリーニング検査には通常、見逃しがないよう感度の高い検査法が用いられます。しかし感度が高いと、時には病気ではない陰性の人も、間違えて陽性(偽の陽性)としてしまいます。 そこで第二段階として確認検査と呼ばれる、確実に病気といえる方のみを選ぶ検査を行います。

確認検査には、特異性の高い検査が用いられます。 一般的に1つの検査結果だけでイコール病気と診断されるわけではなく、症状や臨床所見を含めいくつかの検査方法をもとにして、医師が最終的な診断をします。
検査結果の精度は正確ですか。病院と同等ですか。
病院で行うものと同等です。

弊社がほとんどの病院が外部に委託する検査機関と同じ登録衛生検査所だからです。

しかし、検査施設によって採用している検査法が違うと、得られる結果に相違が出てくる可能性があることや、当社の場合、検体採取が自己採取という点においてはまったく同じとは言えません。

検体採取方法にしたがって正しく検体を採取できれば、得られる結果の信頼性は非常に高いとお考えください。
検査結果を紙面で送付してもらえますか。
インターネット上の結果確認ページよりPDFがダウンロードできますので、お手数ではございますがご自身で印刷をしてご使用ください。
PDFの印刷はコンビニエンスストアでも行えます。詳しくは該当コンビニエンスストアのホームページでお確かめください。
▶その他のご質問はこちら


検査サービスについてご不明な点がございましたらお問い合わせください

フリーダイヤル
0120​-219-912
携帯電話からはこちら
受付時間10:00~19:00365日対応
お問い合わせフォーム