感染経路 性行為(オーラルセックス)
症 状
  • ・のどの腫れ
  • ・のどの痛み
  • ・のどの発赤
  • ・発熱(微熱)など
※症状は出ないことが多いです。
放置してまうと… 放置していると、オーラルセックスにより、パートナーへ感染させてしまう危険性があります。
検査時に採取する物 うがい液 又は 咽頭擦過物
検査方法 遺伝子検査法で行います。
当社は、うがい液中のクラミジア遺伝子を増幅させて検出する検査法(リアルタイムPCR法)を採用しています。
ごく僅かな菌量でも存在していれば、検出が可能です。
予防法 オーラルセックスでもコンドームを正しく使用してください。
パートナーがクラミジアに感染していたら、自覚症状がなくても検査し、ピンポン感染しないようにしましょう。
※ピンポン感染とは…お互いに移したり移されたりすること

 

▽ のどクラミジア検査 が陽性(+)の方へ ▽
ご注意事項
  • ・治療薬は医師の処方箋がないと購入できませんので、必ず医療機関を受診してください。
  • ・医師の指示に従い、最後まで治療を行い、必ず治癒確認の検査を行ってください。
  • ・パートナーがいらっしゃる場合は一緒に検査及び治療をしてください。

 

診療科 ・性病科  ・泌尿器科  ・婦人科  ・耳鼻咽喉科
※上記診療科目がある医療機関の場合でも、のどクラミジアの診療を行っているか受診前に確認してください。
治療法 ・抗菌剤の服用により治療します。
【主に処方される抗生剤】
アジスロマイシン・クラリスロマイシン・ミノサイクリン・シタフロキサシン・レボフロキサシン など
副作用 下痢、胃痛、腹痛、吐き気や嘔吐などの胃腸症状が現れることがあります。
また、皮膚の痒みや発疹などの症状が現れることもあります。
治療期間 1~7日間の服用で治ります。
※抗菌剤の種類によって、服用期間は異なります。
治療中の注意 症状が改善されても、自己判断で服用を中止せず、必ず最後まで服用してください。治癒が確認されるまでは、性交渉はしないでください。
治癒確認の時期 治療後2~3週間後

 

 

 のどクラミジア感染症について詳しくお知りになりたい場合には、当社のHPをご参照ください。