男 性 女 性
感染経路 性交渉 性交渉
下着・タオル・便器・浴槽などを介して
潜伏期間 10日前後 10日~数ヵ月
症 状
  • ・尿道から分泌物が出る
  • ・排尿時に軽い痛み
  • ・尿道に痒み、灼熱感、違和感
※尿道への感染だけでは、排尿によって洗い流される場合もあります。
  • ・外陰部の痒みや灼熱感
  • ・悪臭の強い黄緑色の泡だったおりもの
  • ・性交痛、性交不快感(膣炎が極端な場合)
  • ・排尿時痛(膀胱炎などを合併している場合)
放置してまうと… 前立腺炎 ・精巣上体炎 卵管炎・骨盤内感染
検査時に採取する物 初尿 膣分泌物
検査方法 鏡検法や培養法などの検査があります。
当社では、リアルタイムPCR法を採用しています。郵送過程でトリコモナスが死んでいても検出可能な検査です。
予防法 ・性行為の際は、コンドームを正しく使用する
・女性の場合は不衛生な生活用品と性器との接触を避ける
 ※タオルの共有をしない
 ※公衆浴場などでは外部の環境(椅子や浴槽)と性器との接触に注意を払う、など

 

▽ トリコモナス検査 が陽性(+)の方へ ▽
ご注意事項
  • ・トリコモナスの治療は、配偶者、パートナーとの同時期、同期間の治療が必要です。
     男性はトリコモナスが検出しにくいため、女性のパートナーが感染していたら一緒に治療をしてください。
  • ・治療薬は医師の処方箋がないと購入できませんので、必ず医療機関を受診してください。
  • ・医師の指示に従い、最後まで治療を行い、必ず治癒確認の検査を行ってください。

 

  男 性 女 性
診療科 泌尿器科 ・ 性病科 婦人科 ・ 性病科
治療法 ・抗菌薬の内服

【抗菌薬(抗原虫薬)の種類】メトロニダゾール
・抗菌薬の内服
・膣錠

【抗菌薬(抗原虫薬)の種類】メトロニダゾール
(難治例や再発の場合には内服と膣錠の併用療法を行います。)
※妊娠中は内服はしません(膣錠、膣洗浄)。
服用期間 およそ10日間
治療中の注意
  • ・投薬治療中の飲酒はアルコール分解が阻害されるため、悪酔いやアルコール中毒症状を引き起こすことがあります。 また、腹部の仙痛・嘔吐・潮紅などが現れることがありますので、飲酒はしないようにすることが重要です。
  • ・症状が改善されても、自己判断で服用を中止せず、必ず最後まで服用してください。
  • ・パートナーと同時に治療を行い、治癒確認されるまでは、性交渉はしないでください。

 

 

  トリコモナス感染症について詳しくお知りになりたい場合には、当社のHPをご参照ください。