抗体検査とPCR検査の違い

PCR検査

詳しく見る

PCR検査は、ウイルス遺伝子の特徴的な一部分を切り取り連鎖反応で増幅させる検査です。
採取した検体に新型コロナウイルスが存在すれば、その中のある特有の一部分を見つけ、その部分を切り取り増幅させることでウイルスの存在を判定できるという検査です。PCR検査は、現在ウイルスが体内に存在しているのか(感染しているのか)を調べることができる検査です。
検査は新型コロナウイルスの検査数実績も多い、弊社提携先の大手検査センターで実施いたします。
※「抗原検査」も今現在の感染を調べる手段とされておりますが、検査精度についてはPCR検査のほうが優れているとされています。

ウイルス特有の遺伝子配列を増幅させて検出する

抗体検査詳しく見る

抗体検査とは、ウイルスが体内に侵入した際に体内でそのウイルス専用に作られる抗体を調べる検査です。コロナウイルスの存在そのものの検査ではなく、コロナウイルスに反応した抗体を調べる検査です。
抗体検査は、今までにコロナウイルスに感染したことがあるかを調べることができる検査です。
※新型コロナウイルスの抗体は個人差によって、感染初期から生成されることがあるため、現在感染中でも陽性と出る場合もございます。

血液中の抗体の有無で感染歴を調べる

団体の方10名様以上は割引もございますお見積依頼はお問合せフォームへ

お問い合わせ

お問い合わせフォーム【個人のお客様】

購入前の気になる点、検査に対してのご質問、抗体についてなど、お気軽にお問い合わせください。
※こちらは注文フォームではありません。
※現在お電話でのお問い合わせ対応は行っておりません。

団体様のお問合せフォームはこちら

こちらのよくある質問もご参照くださいませ
検査内容
該当する検査をご選択ください
お名前
お名前(ふりがな)
メールアドレス
電話番号
FAX
郵便番号
ご住所
検査申込番号
(すでにお申込み済のお客様)
お問い合わせ内容
ページの先頭へ戻る