エイズ検査やHIV検査、性病のことでお悩みでしたら、ぜひGME医学検査研究所のキットをお試しください。

社会貢献

GME医学検査研究所では、2015年7月よりエイズ予防財団様への寄付活動を行ってきました。

また、2016年5月よりエイズ孤児支援NGO・PLAS様へHIV検査の実施数に応じた金額を毎月寄付させていただく活動を開始させており、エイズ予防財団様へも同額の寄付を行っております。

皆様のご協力に深く感謝するとともに今後もこの活動に力を注いでいきたいと思いますのでよろしくお願い申し上げます。


現在寄付総額 1,372,280円


寄 付 の 金 額
PLAS様 エイズ予防財団様
2018年 3月分33,975円33,975円
2018年 2月分33,900円33,900円
2018年 1月分36,465円36,465円
2017年12月分40,470円40,470円
2017年11月分35,595円35,595円
2017年10月分36,465円36,465円
2017年 9月分36,890円36,890円
2017年 8月分32,250円32,250円
2017年 7月分32,745円32,745円
2017年 6月分29,520円29,520円
2017年 5月分28,005円28,005円
2017年 4月分24,840円24,840円
2017年 3月分22,005円22,005円
2017年 2月分22,320円22,320円
2017年 1月分24,030円24,030円
2016年12月分25,770円25,770円
2016年11月分21,660円21,660円
2016年10月分25,695円25,695円
2016年 9月分22,785円22,785円
2016年 8月分21,060円21,060円
2016年 7月分21,090円21,090円
2016年 6月分23,350円23,350円
2016年 5月分20,700円20,700円
2015年7月~2016年4月79,000円


HIV孤児支援PLAS

プラスとは

プラスは、エイズ孤児が直面する問題の改善に取り組む国際協力NGOです。
日本初のエイズ孤児に特化したNGOで、2005年12月に設立されました。ウガンダ共和国、ケニア共和国の2ヶ国で、エイズ孤児の教育支援活動やエイズ啓発などに現地団体と共に取り組んでいる団体です。


AIDSAcquired Immuno-Deficiency Syndrome(後天性免疫不全症候群)という病気の略称です。HIVが免疫細胞に感染すると、この細胞の中でHIVが増殖し免疫細胞を破壊していきます。
その結果、免疫機能が低下し、厚生労働省が定めた合併症(23疾患)のいずれかを発症した場合、AIDS(エイズ)と診断されます。

郵便局留め・ヤマト運輸センター
止置きについて
お届けの荷姿 キャンセル・返品について 検査結果の確認について
「おはよう日本」等のメディアにGMEが取材されました
採取方法を動画で説明
全国協力医療機関のご案内

個人情報の保護について

お申込時に送付先を郵便局留めやヤマト運輸センター止めにすることで、お名前以外の個人情報を記載する必要がありません。
また検査結果をインターネットで確認することで、検査申込用紙に個人情報を一切記載しなくても問題ありません。
(ただし、検査申込用紙に必ずパスワードをご記入いただき控えを保管してください)


全力で個人情報の保護に取り組んでいます。
お知らせいただいた個人情報は、お客様に許可をいただかない限り、外部に開示することは一切ございません。