検査をよく理解していただき当郵送検査システムをご利用いただくために、必ずお読みください。

インフォームドコンセント / 必ずお読みになりご理解いただいた上でご依頼ください

インフォームドコンセント / 必ずお読みになりご理解いただいた上でご依頼ください

インフォームドコンセントとは、医療機関側から検査や治療について十分な説明を受け、患者様自身が同意した上で検査や治療を受けていただくことをいいます。

このことは郵送検査においても例外ではありません。
郵送検査を受けられる際に知っておいていただきたいことは、検査の結果に異常がない事と、体に異常(病気)がない事とは直接結びつかない事があり、また反対に検査結果に異常がある事と、体に異常(病気)が存在する事とは直接結びつかない事があるということです。
たとえば、がんのスクリーニング検査において必ずがんを見つけ出すことができる完璧な検査はありません。精度の高い検査でも、あらゆるケースのがんを100%見つけ出すことは不可能なことです。逆に1つのがんのスクリーニング検査が陽性であっても必ず体にがん病変があるとは限りません。
1つの検査の結果が得られても、検査の結果は万全ではないことをご理解いただいた上で検査される事が必要です。
下記の郵送検査システムにおける注意をご理解いただきまして、当郵送検査システムをご利用ください。

この郵送検査は一次検診であり、一見健康そうに見える人々から、疾患を有する可能性が高い人の、ふるいわけを目的としていますので、検査の結果によって直ちに病名を診断することはできません。診断に際しては医師によって、他の検査結果及び臨床結果を考慮して総合的に判定される必要があります。

一度のみの検査ですべての病気がわかるわけではありません。その時の検査で異常がなくてもその後、定期的に検査を受け、また、自覚症状がある場合には、医療機関で診察を受けていただくことが必要です。

検体を自己採取していただくシステムのため、採取方法にしたがって検体が正しく採取されていない場合や、検体を採取してから検体を郵送するまでに日数が経過しすぎている場合は、精確な検査結果が得られない、又は検査を実施できない場合があります。

検査項目によっては、特定の疾患で治療中の方、血が止まりにくい方、妊娠中や妊娠の可能性がある方は検査を受けることができません。


郵送検査は、便利な点が多くあります。たとえば、検査のために病院で長い時間待たされることや、婦人科で診察台の上に乗ることを省略できます。しかしそのような長所もある一方で、前述でお示ししたような郵送検査であるがための短所も存在します。そのような短所を少しでもご理解いただくことで、より一層、精度の高い検査を実現することができます。
当所では、できる限りお客様に郵送検査につきましてご理解いただいた上で検査していただくために、各検査項目別に、「注意」を記載させていただいております。必ずお読みになってご理解いただいたうえで検査のご依頼をお願いします。



        
「おはよう日本」等のメディアにGMEが取材されました 社会貢献エイズ孤児支援 採取方法を動画で説明 エイズ予防財団サイトはこちら 全国協力医療機関のご案内 検査精度について
選べる便利なお支払方法
お問合せ窓口
0120-219-912
0120-219-912
サイトからのお見積もり・お問合せ
お問合せはこちらから
郵便局留め・ヤマト運輸センター
止置きについて
お届けする商品の荷姿 キャンセル・返品について 検査結果の確認について
「おはよう日本」等のメディアにGMEが取材されました
採取方法を動画で説明
全国協力医療機関のご案内

個人情報の保護について

お申込時に検査キット送付先を郵便局留めやヤマト運輸センター止めにすることで、 お名前以外の個人情報を記載する必要がありません。
また検査結果をインターネットで確認することで、検査申込用紙に個人情報を一切記載しなくても問題ありません。
(ただし、検査申込用紙に必ずパスワードをご記入いただき控えを保管してください)


全力で個人情報の保護に取り組んでいます。
お知らせいただいた個人情報は、お客様に許可をいただかない限り、外部に開示することは一切ございません。