全商品 送料・代引手数料が無料
17時までのご注文で当日発送可

胃がんの定期健診において、X線検査と内視鏡検査ではどちらが正確な結果が得られますか。

一般的にX線検査と内視鏡検査では、内視鏡検査の方が直接胃の粘膜を観察することができるので病変を発見しやすく検査精度は高いと言えます。

しかし2つの検査法にはそれぞれ長所も短所もあります。例えばスキルス胃がんに対しては、内視鏡検査よりもX線検査の方が発見しやすいケースもあります。

検査サービスについてご不明な点がございましたらお問い合わせください

フリーダイヤル
0120​-219-912
携帯電話からはこちら
受付時間10:00~19:00365日対応
お問い合わせフォーム