全商品 送料・代引手数料が無料
17時までのご注文で当日発送可

保健所で受けた検査で、クラミジアIgG(+)、クラミジアIgA(-)といわれましたが、感染しているということですか。

クラミジアに感染すると、数種類のクラミジアに対する抗体が作られますが、検査ではIgA抗体とIgG抗体が測定されます。
一般的に感染してすぐの状態では両者は陰性で、まもなくIgA抗体が陽性(+)化し、ついでIgG抗体が陽性(+)となります。
治療を行い治癒すると、比較的早くIgA抗体が陰性(-)化し、次にIgG抗体が長い時間をかけて陰性(-)化していきます。

したがって、クラミジアIgG(+)、クラミジアIgA(-)の組み合わせでわかることは、過去の感染を意味しており、今現在は高い確率で陰性であるということができます。

検査サービスについてご不明な点がございましたらお問い合わせください

フリーダイヤル
0120​-219-912
携帯電話からはこちら
受付時間10:00~19:00365日対応
お問い合わせフォーム