全商品 送料・代引手数料が無料
17時までのご注文で当日発送可

検体不備とはどのようなことをいうのですか。

検体不備とは、検査を行う際に正しく判定するのに適した状態ではないことを意味します。
以下のような場合は検体不備となります。

・血液の採取で、採血量が少なく検査を行うための血液が十分な量でないこと
・採血した血液に、血液以外のものが混入している場合
・膣の検体で月経中の多量出血中に採取されている場合
・採取前後に、綿棒が検体採取以外のことで汚染されている場合
・うがい液採取でうがい液ではないもの(尿など)を採取されていた場合
・子宮頸がん(細胞診)検体採取後、キャップの閉め忘れなどで検査を行えない場合
・検体採取後、当所に返送するまでに長時間放置されていた場合
・採便された検体が冷蔵での保管・返送でない場合
・採取方法に準じて、検体採取されていない場合

検査サービスについてご不明な点がございましたらお問い合わせください

フリーダイヤル
0120​-219-912
携帯電話からはこちら
受付時間10:00~19:00365日対応
お問い合わせフォーム