全商品 送料・代引手数料が無料
17時までのご注文で当日発送可

淋菌は弱い菌なので、郵送中に死んでしまい検出されない可能性はありますか。

淋菌検査のうち培養法を用いた場合は、淋菌が生きていないと検出できないため郵送検査には適していませんが、当社の淋菌検査で採用している核酸増幅法(SDA法)は、採取された検体中に存在する死んでしまった淋菌も検出することができるため、菌の生死にかかわらず検出することができます。

検査サービスについてご不明な点がございましたらお問い合わせください

フリーダイヤル
0120​-219-912
携帯電話からはこちら
受付時間10:00~19:00365日対応
お問い合わせフォーム