全商品 送料・代引手数料が無料
17時までのご注文で当日発送可

男性の淋菌性尿道炎では、必ず症状が出ますか。

淋菌に感染した後2~7日の潜伏期を経て、排尿痛や尿道分泌物の症状が現れます。
放置してしばらくすると、それらの症状が自然に収まることもありますが、治癒したわけではなく淋菌の感染は続いています。
症状は個人差があります。排尿痛のみの場合だけでなく、ほとんど無症状の場合もあり、相手に感染させてしまう原因にもなっています。

検査サービスについてご不明な点がございましたらお問い合わせください

フリーダイヤル
0120​-219-912
携帯電話からはこちら
受付時間10:00~19:00365日対応
お問い合わせフォーム