全商品 送料・代引手数料が無料
17時までのご注文で当日発送可

B型肝炎ウイルス(HBV)は、輸血で感染しますか。

日本赤十字社の血液センターにおいて、献血前の問診やB型肝炎関連マーカー(HBs抗原やHBs抗体など)の検査、さらに核酸増幅検査をスクリーニング検査として導入したことにより、輸血後B型肝炎は大きく減少し、安全性が向上しています。

しかし、HBVが検出できない感染後ごく初期の時期に献血された血液からB型肝炎に感染してしまう可能性はわずかにあり、スクリーニング検査によって献血された全ての血液のB型肝炎ウイルスを検出することは不可能であるといわれております。
検査目的の献血は、絶対にしないことが何より大切であると言えます。

検査サービスについてご不明な点がございましたらお問い合わせください

フリーダイヤル
0120​-219-912
携帯電話からはこちら
受付時間10:00~19:00365日対応
お問い合わせフォーム