全商品 送料・代引手数料が無料
17時までのご注文で当日発送可

静止画で見る検体の採取方法

静止画で見る検体の採取方法

血液検査

 該当検査項目

B 型肝炎・C 型肝炎・HIV・梅毒

 採血時における注意事項

・十分な血液量が得られないと、正しい結果がでない事があります。

・出血性疾患により止血機能が低下している方や、採血の際に血圧や心拍数の低下(血管迷走神経反射)のご経験、ショックアレルギーのある方は使用しないでください。

・刺した部分が化膿した場合には、医師にご相談ください。

・使用、未使用に関わらずすべてのランセット(血液採取器具)と消毒綿は、お送りしております医療廃棄物返送用袋にてご返送ください。

・ろ紙血検体と、使用済み消毒綿を同封すると検査不可となる場合があります。


 1  袋の封を開け、ランセットとろ紙を取り出します。


 2  検査申込番号シールをろ紙に貼ります。


 3  採血する場所は、指先の両側が痛みを感じにくいため推奨されています。※指の腹で採血しても問題ありません。


 4  ランセットのキャップをねじり取って採血の準備をしてください。


 5  一度使用したランセットは再利用できません。 誤って使用前に先端を押さないよう気をつけてください。


 6  消毒綿で採血する場所を拭き、よく乾かします。


 7  採血する側の指を台の上に置くなどして固定し、ランセットを採血部位に押し当て針を刺します。


 8  針を刺した後、肘から指先に向かってしぼりだすように圧迫します。


 9  刺し傷をつけても血液が出にくい場合は、てのひらから指先に向かってしぼり出してください。


 10  ポタリと落とす感じで、裏まで染み込ませます。血液が落ちない場合、血液をろ紙に軽く押し当ててください。


 11  血液は、○を目安に落とします。採血後は直射日光を避け、3時間を目安に自然乾燥させてください。
(採取する○の数は検査数で異なります)


 12  ●「血液専用返送袋」にろ紙のみ入れて、ご返送ください。
●ランセット(使用・未使用)、消毒綿は別の医療廃棄物袋に入れてご返送ください。

検査サービスについてご不明な点がございましたらお問い合わせください

フリーダイヤル
0120​-219-912
携帯電話からはこちら
受付時間10:00~19:00365日対応
お問い合わせフォーム