全商品 送料・代引手数料が無料
17時までのご注文で当日発送可

静止画で見る検体の採取方法

静止画で見る検体の採取方法

膣分泌物検査1 (性器クラミジア・性器淋菌):女性

 該当検査項目

性器クラミジア・性器淋菌

 膣分泌物 採取における注意事項

・生理中の採取は避けてください。

・性行為直後の採取は避けてください。

・採取前の膣内洗浄は避けてください。

・膣のぬり薬を塗った状態での検体採取はお控えください。

・採取中、膣内で綿棒を強く曲げないでください。綿棒が折れて膣内に残ったり、膣内を傷つけてしまう恐れがあります。


 1  袋の封を開け、綿棒、容器、説明書を取り出します。


 2  検査申込番号シールを容器に貼ります。


 3  清潔な手で、綿棒を1本取り出し図のように持ちます。(1本は予備です)


 4  膣口を開きながら、綿棒を膣内に4~5cm程度挿入します。


 5  膣内で綿棒を7~8回、回転させながら、分泌液を拭い取ります。粘膜を傷つけないように注意して、軽く採取してください。


 6  採取容器に綿棒を先端から入れ、綿棒中央の線を容器のフチに合わせ折り曲げます。持っていた部分は不要です。※容器内の液体は絶対に捨てないでください。


 7  容器のキャップをしっかり閉め、返送用のチャック袋に入れ、ご返送ください。

検査サービスについてご不明な点がございましたらお問い合わせください

フリーダイヤル
0120​-219-912
携帯電話からはこちら
受付時間10:00~19:00365日対応
お問い合わせフォーム