全商品 送料・代引手数料が無料
17時までのご注文で当日発送可

静止画で見る検体の採取方法

静止画で見る検体の採取方法

直腸肛門擦過物検査

 該当検査項目

直腸肛門クラミジア・直腸肛門淋菌

 直腸肛門擦過物 採取における注意事項

・直前に排便は避けてください。

・性行為直後の採取は避けてください。

・採取前の肛門洗浄は避けてください。

・容器内の検査液は捨てないでください。


 1  袋の封を開け、綿棒、容器、説明書を取り出します。


 2  検査申込番号シールを容器に貼ります。


 3  清潔な手で、綿棒を1本取り出し図のように持ちます。(1本は予備です)


 4  綿棒を持った指がお尻に当たるまで(肛門から4~5cm程度)綿棒を肛門に挿入します。


 5  綿棒を挿入したままの状態で、指を肛門から少し離れた所までずらし、同じ方向に5~10回大きく円を描くように回したら、まっすぐ静かに引き抜いてください。


 6  採取容器に綿棒を先端から入れ、綿棒中央の線を容器のフチに合わせ折り曲げます。持っていた部分は不要です。
※容器内の液体は絶対に捨てないでください。


 7  容器のキャップをしっかり閉め、返送用のチャック袋に入れ、ご返送ください。

検査サービスについてご不明な点がございましたらお問い合わせください

フリーダイヤル
0120​-219-912
携帯電話からはこちら
受付時間10:00~19:00365日対応
お問い合わせフォーム