全商品 送料・代引手数料が無料
17時までのご注文で当日発送可

静止画で見る検体の採取方法

静止画で見る検体の採取方法

胃がん予防検査

 該当検査項目

胃がん予防(ピロリ菌)検査

 便採取における注意事項

・採取後は、ご返送までの間、冷暗所に保管してください。

・採取後は、速やかに同封の着払伝票(返送料は当社が負担)をご利用しご返送ください。

・容器内の液は捨てないでください。

・便容器の緑キャップは、絶対はずしたり、ゆるめたりしないでください。


 1  袋の封を開け、容器と説明書を取り出します。


 2  検査申込番号シールを提出用袋の氏名欄に貼ります。


 3  容器の白ラベルを途中まで剥がし、採便日を記入後、また戻します。


 4  必ず便器にトイレットペーパーを敷き、その上に排便します。


 5  ピンクの採便棒を回して引き抜きます。


 6  採便棒先端の溝すべてが便で埋まるように、便の表面をこすりとります。


 7  上の図を参考に、適量を採取してください。


 8  採便棒を容器にねじ込んだ後は、再び開けないでください。容器は冷蔵庫に保管してください。


 9  容器を返送用のチャック袋に入れ、同封の着払伝票(返送料は当社が負担)でご返送ください。

検査サービスについてご不明な点がございましたらお問い合わせください

フリーダイヤル
0120​-219-912
携帯電話からはこちら
受付時間10:00~19:00365日対応
お問い合わせフォーム