検査結果が「陽性(+)」の項目がありましたら、その次の流れを各ステップごとにまとめましたのでご覧ください。

◇陽性の項目がありましたら…


1.

該当する陽性項目のページのご注意事項(下記※1)をお読みになり、治療の必要がある場合には、診療科を参照して該当診療科のある GME協力医療機関 またはお近くの医療機関へ検査結果報告書(下記※2)を持参して受診してください。


医療機関
2. 医師の判断(薬剤処方または再検査)
3. 治療(服薬・点滴・塗り薬など)
症状が改善されても途中で服用を中止せずに、最後まで服用してください。
4. (治癒確認)
※治癒確認を行うかどうかの判断は、医師が行います。

  ※1.注意事項の案内イメージ
パソコン スマートフォン 携帯電話 紙 面
パソコン画 スマートフォン画 携帯電話画 紙面画
該当するページの注意事項をご覧ください(受診する際の診療科・主な治療法・治療中の注意などをご案内しております)

  ※2.検査結果報告の案内イメージ
パソコン スマートフォン 携帯電話 紙 面
パソコン画 スマートフォン画 携帯電話画 紙面画
医療機関受診時には紙面の検査結果報告書の提示をおすすめいたします

◇協力医療機関とは・・・

当社郵送検査の趣旨や検査方法をご理解いただき、お客様の診察・治療がスムーズに進むようご協力いただいている医療機関様です。

全国協力医療機関


検査結果につきましては弊社では、精確な結果を得られるよう万全の体制で検査に臨んでおりますが、 検査結果は検査法や検体採取のタイミングにより検査施設間で異なる場合がございます。

よくあるお問い合わせ

GMEからお薬を処方することはできないのですか。
GMEは、登録衛生検査所であり、医師の確定診断ではないことから、お薬の処方(処方箋の発行)を行うことができかねます。お薬の処方及び治療につきましては、医師の判断により行います。
協力医療機関へ受診すれば、すぐに治療(処方)してもらえるのでしょうか。
協力医療機関様は、弊社の郵送検査の趣旨や、検査方法などをご理解いただいたうえで、ご協力をいただいております。
そのため、多くの場合が当所の検査結果をご持参いただくことで、医師が必要と判断した場合を除き、重複した検査を行わないで診察致します。
スクリーニング検査と確認検査の違いについて教えてください。
スクリーニング検査とは、第一段階として大勢の中から疑わしい人をピックアップするために行う、ふるいわけを行う検査です。おおむね集団検診で行われる検査などがスクリーニング検査にあたります。
スクリーニング検査には通常、見逃しがないよう感度の高い検査法が用いられます。しかし感度が高いと、間違って病気ではない陰性の人も、時には陽性(偽の陽性)としてしまいます。そこで第二段階として確認検査と呼ばれる、病気に間違いないひとだけを選ぶ検査を行います。

確認検査には、特異性の高い検査が用いられます。一般に1つの検査結果だけでイコール病気と診断されるわけではなく、症状や臨床所見を含め、いくつかの検査方法をもとに、最終的に医師が診断をします。
採取された検体中の菌が郵送中(返送中)に死んでしまい、検出されないことはないのですか。
当社では遺伝子検査を導入しており、クラミジア・淋菌・トリコモナス・咽頭クラミジア・咽頭淋菌・ヒトパピローマ(PHV)検査に関しましては菌体中の遺伝子(DNA)を調べています。したがって菌の生死は検査精度に関係ありません。血液検査につきましても、HIV・C型肝炎ウイルス・梅毒検査に関しましては血液中の抗体を検出し、B型肝炎ウイルス検査ではウイルス表面のタンパク質抗原を検出しており、いずれも菌の生死は検査精度に関係ありません。

カンジダ検査は培養法で検査を行っており、菌が生きていないと検出されませんが、カンジダは比較的乾燥環境でも長期に生存することが知られており、感染性を保ったまま採取保存が可能です。
検査結果の精度は正確ですか。病院と同等ですか。
病院で行うものと同等です。

これは、弊社がほとんどの病院が外部に委託する検査機関と同じ登録衛生検査所だからです。

しかし、検査施設によって採用している検査法が違うと、得られる結果に相違が出てくる可能性があることや、当社の場合、検体採取が自己採取という点においてはまったく同じとは言えません。

検体採取方法にしたがって正しく検体を採取できれば、得られる結果の信頼性は非常に高いとお考えください。
  
子宮頸がん・HPVしっかりセルフチェック
「おはよう日本」等のメディアにGMEが取材されました 社会貢献エイズ孤児支援 採取方法を動画で説明 エイズ予防財団サイトはこちら 全国協力医療機関のご案内 検査精度について
選べる便利なお支払方法
お問合せ窓口
0120-219-912
027-310-7000
サイトからのお見積もり・お問合せ
お問合せはこちらから
郵便局留め・ヤマト運輸センター
止置きについて
お届けする商品の荷姿 キャンセル・返品について 検査結果の確認について
「おはよう日本」等のメディアにGMEが取材されました
採取方法を動画で説明
全国協力医療機関のご案内

個人情報の保護について

お申込時に検査キット送付先を郵便局留めやヤマト運輸センター止めにすることで、 お名前以外の個人情報を記載する必要がありません。
また検査結果をインターネットで確認することで、検査申込用紙に個人情報を一切記載しなくても問題ありません。
(ただし、検査申込用紙に必ずパスワードをご記入いただき控えを保管してください)


全力で個人情報の保護に取り組んでいます。
お知らせいただいた個人情報は、お客様に許可をいただかない限り、外部に開示することは一切ございません。